サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

18 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/05/09 15:42

投稿元:ブクログ

レポジトリ、チケット管理、CI、CDについて広く浅く書かれている。
最初にわかりやすい「失敗事例」があって非常にわかりやすい。

各分野・ツールの詳細を知るには各専門書を読む必要があるし、開発経験がない人には説明が不足しているかもしれない。
だが、これらの開発ツールを十分に使えてないと感じている開発者にとっては、全体像がつかめる非常によい本だと感じた。

2014/05/16 00:28

投稿元:ブクログ

DevOpsが体系的に学べる本。いろんなツールがあるが、どこが使いどころなのかが分かる。
個人的には、データベースマイグレーションをもう少しちゃんとやらないと、と思った。早速実践したい。

2014/06/19 21:03

投稿元:ブクログ

タイトルからは開発プロセスとか、チームプレイの諸々の話かと思ったのですが、中身は「チームが開発に集中するための自働化実践入門」という感じでした。
開発のライフサイクルを通じて、各フェーズで使えるツールやそれを使いたい背景、他のツールとの組み合わせ、などなど結構幅広くなっています。触りの部分は具体的で、突っ込んだところは参考文献など他の情報につなげるあたりはまさに入門を冠する内容となっていました。それだけに参照先が膨大なことになっていますが(苦笑
普遍的な内容もありますが、今だからこその部分も多いため、賞味期限が早そうな気もしますが、だからこそ今すぐ読む価値は高いのかな、とも思いました。

2015/01/11 15:19

投稿元:ブクログ

昨今では必須となってきている、チームでのシステム開発におけるツールを使用した統制・効率化のノウハウを紹介した本。そのまま実践でガッツリと使用するには物足りないものの、抽象的すぎるわけではなく簡単な実例にもしっかりと触れており、イメージをふくらますにはもってこいの本かと。
借りて読みましたが、手元に2・3年は置いておいてもよさそうな本。
JenkinsとかRedmineとかGitとか、何のために使うの?という人には最適だと思います。使ってはいるものの自己流でもっと深く知りたいという人にもおすすめ。

2014/05/18 08:52

投稿元:ブクログ

最近のチーム開発事情とかが、まとまってる。
実際使ってない技術とかもあったり、自分の環境に不要なものだったりもあって保管された感じがする。

他の本への動線が多いので、ここから始めて自分の環境に必要な技術とかの本へ掘り下げていく感じが良さそう。

2015/05/20 18:10

投稿元:ブクログ

資料ID:98150067
請求記号:007.63||I
配置場所:工枚普通図書

2015年ITエンジニア本大賞ノミネート

2015/07/25 13:35

投稿元:ブクログ

なぜ開発プロセスにおいてバージョン管理、ビルドツール、チケットシステム等のソリューションが必要なのかをケーススタディに基づき、非常に分かりやすい文章で理解を深めてくれる。既に導入してCI/CDを確立している読者や企業にとっては既知の情報も多々あるが、明文化してくれるという意味で社内に一冊あると便利。

2015/03/06 19:08

投稿元:ブクログ

とりあえず知っておくべき知識を得ることはできた。ただ、実際に使わないことには理解の進まない部分もあるので、これを基礎として、実践を通して経験を積み上げていきたい。

2014/04/30 12:43

投稿元:ブクログ

同じ開発でも個人からチームになるとソースコード管理、タスク管理、結合テストなどの作業の難易度が一気に上がる。それに対する解決法が書かれた本。GitやCI/CDをはじめ「導入しないとレガシー逝き」な内容ばかり。具体的なシーンやツールを示しながら説明してくれるので分かりやすかった。

2014/11/24 00:58

投稿元:ブクログ

DevOpsや継続的デリバリーといった近年の開発トピックについて、実現のための方法を主にツールを軸にして紹介した本。
「入門」ではあるが、出発点となる課題や基本的な思想に始まり、実際にプロセスやツールを動かしてみるまでの道筋がきちんと付いており、内容が充実している。
単なる概念の紹介やツールの使い方の紹介で終わっていないので、実際にプロジェクトで試してみるための第一歩として非常に良い。

2016/01/03 23:28

投稿元:ブクログ

いまのチーム開発の現状についてのベタープラクティスについて、ざっと書いてくれてて、知らない部分も多く勉強になった。

Gitやアジャイルに慣れてない人が最初に取る本としてはよいかと思います。

2014/05/18 16:49

投稿元:ブクログ

チーム開発をするにあたって気をつけるべきことだけでなく、手動がいかに作業に対して悪影響を与えるか、自動化することでどれだけやるべきことに集中して時間をかけられるようになるか勉強になった。

個人開発でもバージョン管理やチケット管理(Redmine, GitHubのissueなど)開発を改善するためのノウハウが書かれてて役に立つ情報は結構あると思う。

テストを書く際にもどういうことをテストに書くべきも書かれてたかな。

説明に使われたツール(ワード)
git, github, redmine, ITS, BTS, Backlog, TravisCI, Jenkins, chef, serverspec, capistrano, リグレッションテスト, Selenium

2016/01/19 22:41

投稿元:ブクログ

Git からテスト自動化まで、さまざまな近年の開発インフラを解説。
すごくまとまっているのでありがたいんですが、個人的にはもう少しボリュームが出てもいいのでサンプルを豊富に用意してほしかった。欲を言えばステップバイステップレベルで。

2014/06/11 01:06

投稿元:ブクログ

2014年現在のソフトウェア開発の代表的なフローとツールの解説。一通り見渡すことができる。
何がどういうケースに対して有効かという説明もある。
現場の開発体制を改善しようとしている人におすすめ。

2014/04/20 22:36

投稿元:ブクログ

2014年現在のモダンは開発手法のノウハウとツールを一冊に纏めたもの。特にツールについて多くのものが紹介されていて、概要を把握するにはちょうど良い。
しかし、バージョン管理・チケット管理・CI・継続的デリバリーや各ツールについては、それらの書籍を読む必要がある。
「チーム開発」というからには1人が読めば良いものではなく、チーム内で読んでおくのも良い。

18 件中 1 件~ 15 件を表示