サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

女帝由奈 11(フラワーコミックス)

女帝由奈 11 みんなのレビュー

  • 倉科 遼 (原作), 黒川 あづさ (漫画)
  • 税込価格:5965pt
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2014/05/09
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

ハラハラ

2016/04/08 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は韓国の政治や歴史の勉強にもなり、硬質な部分もかなりありますが、私は義理人情のエピソードが好きです。そして物語はいよいよクライマックスへ・・果たして由奈の復讐は成功するのか・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/19 15:56

投稿元:ブクログ

今巻も盛り沢山の内容♪
相手方の政府要人から二国間の橋渡し役を依頼されたり、
嘘をついて俊秀に会ったことがバレて夫婦喧嘩をしたり、
同業者から案外あっさり「女帝」認定されたり。(142頁)
そして由奈さん、祝・ご懐妊!ヽ(゚∀゚*)ノ

だけど、今回は由奈の考えの甘さが招いたことで、ハラハラさせられっぱなしだったわ…。
安全な場所にいたからこそ好き勝手に動いてた部分はあったろうし、友達という立場をとりながら俊秀を利用したともとれるし。┐( ̄~ ̄;)┌
ちなみに、別れた男女に友情は成り立つのか?という議論もあると思うけれど。笑

次が最終巻☆
由奈 vs 成熙…その結末は!?

2 件中 1 件~ 2 件を表示