サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

電子書籍がおすすめ

2015/08/22 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lilf - この投稿者のレビュー一覧を見る

iPadにインストールして、仕事の帰りにちょっとずつ読んでます。
これで今が旬の野菜をチェックして買って帰ることもしばしば。
元気な野菜の写真を見ているだけでも癒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/07 17:07

投稿元:ブクログ

紹介されている料理がことごとくおいしそうです。
一つの野菜の旬を、走り、盛り、名残と三つに分け、それぞれに応じた切り方や調理法を紹介しています。

いまは多くの野菜が、季節に関係なく店頭に並んでいます。
旬がいつなのか分からないものも多いですが、なんとなくその野菜を食べたくなる時期というのがあります。
その食べたくなる時期が、旬と重なっていたことに嬉しくなりました。体は正直、と言うことなのでしょうか。

トマトの旬までまだまだ先ですが、トマトの時期になったらぜひともトマトフォンデュを作ろう!そしてフレッシュトマトにあえよう!
野菜が食べたくなる一冊です。

2015/08/17 22:56

投稿元:ブクログ

 トマトや茄子のような万能選手もいるけど、春夏の野菜は使い方に迷うものが多い(うどやクレソンに至っては使ったこともない)。
 大体茹でて単品で和えるだけになってしまうんだけど、ピュレにすれば旬の全てを楽しめること、相性の合う野菜を組み合わせてみること、同種和えだってアリなこと、いろいろな選択肢が見えてきた。

 さらに、「走り」と「名残」の時期によって調理法を変えるというのもすごく面白い。瑞々しく柔らかい走りから、旨みと繊維を増す名残まで、時々に合った調理を心掛けてみたい。
 この本みたいな料理ができたら至福だろうなあ…。

3 件中 1 件~ 3 件を表示