サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

誰も教えてくれなかった卵子の話

誰も教えてくれなかった卵子の話 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/06/22 19:32

投稿元:ブクログ

卵子は、胎児期に500万~700万個作られ生まれた時にすでに200万個に減少。出生後には作られない。
これがどんどん減っていき、中学校に入学する頃には10~30万個ほどになる。
月経が始まると毎月ひとつの卵子が排卵されるが実はそれ以外にも月に数百個自然消滅する。
35歳を超えるくらいで妊娠率は低下、流産率は右肩上がりになる。
排卵以外にも自然消滅してたんだなあ。知らなかったです。

2014/07/26 09:08

投稿元:ブクログ

ざっくりとは知っていても
ちゃんとわかりやすく説明されると
よくわかる。

たくさんの女性のみなさんに
よんでほしい!

2015/08/21 04:39

投稿元:ブクログ

一般に35歳を過ぎると妊娠率が下がり、流産率が上昇する。40歳ともなると妊娠率は23%。また、生理があるからといって、妊娠できるとは限らない。実は妊娠する力は閉経よりもずっと前に喪失している。日本産科婦人科学会の対外受精のデータでは、45歳の人の出産できる可能性は、体外受精など高度な治療を行ったとしても1%未満とのこと。加えて高齢出産は様々な弊害を覚悟しなければならない。ダウン症の出生率は20歳で1667分の1だが、45歳ともなると30分の1。他方、精子については、卵子ほど年齢相関はない。45歳を過ぎればDNAの損傷率が30代よりは若干高くなるという程度。また、子供を望むのなら毎日の射精が精子の濃度と運動率を高めるとのこと。卑近なことなのに意外と知らないことが多かった。確かにこんなこと、誰も教えてはくれない。

3 件中 1 件~ 3 件を表示