サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

戦国時代の組織戦略

戦国時代の組織戦略 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/12 09:00

投稿元:ブクログ

戦国時代の…!
~といえば、もちろん上がってくるであろうお方は、信長様♡
組織への考え方・マネンジメントなどを学べると共に、また別の側面から信長様のことが知れると思うとドキドキワクワクして購入してしまいました。
読み進めるうちに「銭で雇う兵士の実情って、そういうことだったのか…!」とこれまで知っていた史実の新たな意味づけを発見したり、組織という意味では今に通じる側面があるなぁと思いを馳せたり。
…ときどき手を止めて、また戻ってきて…。なお付き合いの一冊です。

2014/08/11 00:32

投稿元:ブクログ

時代設定が戦国時代なのでちょっと目新しいですが
いわゆる、ビジネス本リーダーシップとかマネジメントに書いてある内容と同じことのような印象です。
そういう意味で評価は低いです。
いつの時代も普遍的な考え方があるんでしょう。

本の内容とは関係ないですが、天下人となった豊臣秀吉という人物がいかに歴史的に稀有の存在なのか気になりました。
秀吉の本でも読もうかな・・・

2014/11/04 10:17

投稿元:ブクログ

組織という観点から読む戦国時代。現代における会社経営における事業規模の拡大と組織の変化で例えて秀吉の天化取り以降を語ってくれて至極分かりやすく納得。思っていたよりも意外に読みやすく面白かった。

2014/09/27 03:52

投稿元:ブクログ

信長の偉大さは現時点での不利と危険を顧みず、不確かな改革に生涯たじろぐことなく挑戦を続けた激烈な改革精神。常識と慣例を疑い、より合理的な方法、より効果的な行動を求めて旧習に挑戦した。とりわけ、豊臣秀吉、明智光秀、滝川一益などの流れ者を受け入れるといった、伝統や慣習を無視した抜擢人事には激しい抵抗があった。組織改革は命がけであり常に生死の危機と隣り合わせ。合理的な発想には天才的独創力を発揮するも非合理な発想の人々の思いについては、まるで想像力を欠いていたことも相俟って、信長に仕える知識人は次々に反乱する。最後の反乱者が明智光秀であったというだけ。著者は明智光秀なくとも必ずや第二、第三の明智光秀が現れたであろうと指摘する。歴史に現れた成功の背景には、多くの重要な創造が隠されている。愚行の裏にも多くの苦悩と誤謬が潜在する。歴史の誤りの根底を熟知することは、重要な教訓を得る道でもあるのだ。

2014/08/31 11:04

投稿元:ブクログ

名将とは、常に自軍の長所を活かし、敵軍の短所を衝く。凡将は、自分の短所に不満を持ち、敵の長所に脅える。

組織の首長の必要条件:意欲に燃え、理解力に富み、限りなく勤勉で、誰にも人当たりが良く、陽気であること。これに加えて、ビジョンを持つこと。

奢侈(しゃし):身分不相応に金を費やすこと。奢侈に流れる。奢侈な生活。

無嗣断絶:跡継ぎがいなく家が絶えること。

5 件中 1 件~ 5 件を表示