サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ノー・シューズ

ノー・シューズ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/09/25 11:33

投稿元:ブクログ

いやいや知らなかったよ、佐々木マキさんって男性だったのね! 私は「ガロ」に思い入れのある世代よりすこし下なので、佐々木マキさんと言えば「村上春樹作品の表紙絵の人」なのだ。ちょっと他にない作風で、どっちかというとオシャレなイメージ。貧乏くささがつきまとう「ガロ」とは結びつかないなあ。いや、あまり知らないので、あくまで横目で見た雰囲気ですが。

最近書かれた「ノーシューズ」が面白かった。ユニークなのは、普通はここからのことを書くよねっていうその手前で、お話が終わっちゃう所。絵を描き出した頃のこと、編集者や漫画家たちとの交遊、村上春樹との出会い、みんなそうだ。それでどうなったの?と知りたくもあるが、なんだか格好いい書き方なのである。

2015/02/03 21:23

投稿元:ブクログ

村上春樹の1973年のピンボールで、この方の装丁画に出会って以来、ずっと女性だと思っていました。
安西水丸さんは男で、佐々木マキさんは女と、インプットされていました。
何か懐かしさを感じるエッセイです。

2014/09/15 18:11

投稿元:ブクログ

佐々木マキさんは、村君春樹さんとの共著
『ふしぎな図書館』しか知らなかったのですが
新聞の書評でこの本のことを知って興味を持って
でも、本屋さんで見つけられなかったしと
図書館で借りてみました
懐かしく少し偏屈で不思議なエッセイなのですが
世代感覚がわたしより一回りくらい上の方なのかなぁ
という感じを受けながら読みました
絵本を何作か出されているようなので
それを読んでみたいな
少しシュールな絵本なのかな
そんな風に思いながら、本を閉じました

2014/04/22 11:26

投稿元:ブクログ

神戸の下町で過ごした幼少期!イラストも載ってるかな?

亜紀書房のPR
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=695

2015/09/28 19:23

投稿元:ブクログ

読み終わったのにまだ読み終わっていない気がする。それで最後まで読もうとすると、もうすでに読んでいることに気づく。
なぜか。
文中でさりげなくふれているカルチャーが、知らないものばかりで、消化できず、全部読んだのに何も読んでいないような気にさせるのだ。
それにスカラマンガもそう。
表面的にしか読めていない自分への自己嫌悪。
いつかこれらのひとつひとつのカルチャーを知り、楽しめる日がくるのだろうか。

5 件中 1 件~ 5 件を表示