サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

江戸の食文化 和食の発展とその背景

江戸の食文化 和食の発展とその背景 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

江戸時代

2016/02/13 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

というと一番近代に近い時代だけどそれでも現代の食事とはかなり違うのだなぁーと。でもいつの時代でも日本人が食にかける情熱というのはすごいな、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/23 08:10

投稿元:ブクログ

なぜ東京の味付けは塩辛いのか、なぜこのメニューが発展したのか、そんな今のグルメの原点がわかる一冊です

2014/08/26 14:13

投稿元:ブクログ

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02217454&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2014/10/12 19:24

投稿元:ブクログ

江戸検に向けて。

食文化は、人がどう生きてきたのかを知るヒント。

現代にも繋がっていることがとても多い。

2014/11/09 12:07

投稿元:ブクログ

現在の日本料理の基礎が味噌、しょうゆ、みりん、酢、砂糖、酒などの調味料の発達を含め江戸時代後期ごろに確立したことがよくわかった。調味料の発達には土地の利や自然に大きく左右されるので関東の地江戸に政治文化の中心が移らなかったら今の日本料理のありかたもだいぶ違っていたかもしれない。

5 件中 1 件~ 5 件を表示