サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

半径1メートルの想像力 サブカル時代の子ども若者

半径1メートルの想像力 サブカル時代の子ども若者 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2014/08/05 12:44

投稿元:ブクログ

表紙絵のお部屋の素敵なこと。ゲーム機いっぱい!ゲーム専用アナログテレビ!
まどかマギカ観てないので観なきゃ。赤朽葉家も読み直したい。

2015/01/26 16:39

投稿元:ブクログ

2014年7月初版
山崎鎮親 著
==
サブカルや現代コンテンツと若者のかかわり合い、そこから見えてくる日々の営みから展開された若者論。

現在の子ども若者たちの世界は「大きな物語」が消失し、「小さな物語」だけが残った世界。彼らを理解するには、自足的で自閉的な「半径1メートルの想像力」で起きていることをまるごと見通す想像力が問われると。

スマホに対しては「依存」なのではなく、若者にとっての”身体の拡張”なので、電波がつながらない=体の不調なのだ、という荻上チキさんのスマホ依存論が腹オチ。

2014/09/29 16:37

投稿元:ブクログ

三葛館一般 371.47||YA

若者たちがその時代につくりだす文化ともいえる独特な世界。ネットやアニメ、漫画などサブカルチャーの世界に接している現在の若者たちを探ることでみえてくものとは?                                                       (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68930

2016/01/14 09:40

投稿元:ブクログ

「子ども若者」たちは、たった“半径1メートル”の中で想像し、生活している。そんな世界で何を悩み何を考えているのか。大人気アニメ「まどマギ」、アイドル、エヴァンゲリオンなどのサブカルチャーから読み解く「子ども若者」の世界。【中央館2F・東 367.61/YA】

2014/08/17 12:13

投稿元:ブクログ

若者・子どもに対する社会的な注目と非難の背景にこれからの社会を背負っていく世代としての期待からのまなざしがある。近年において、大人像を喪失したことが社会の危機意識、大人たちの危機か、若者・子どもたちへの関心が増える背景にあるのではないか。
一方で現代においては「大人になること」の難しさと同時に大人にしようとするエネルギーの増大(ex.早期教育、キャリア教育)が見て取れる。成長が進行する世界は引き伸ばし、しかし成長に関わる社会のシステムは短縮傾向という矛盾の中で、当事者たちはどう捉えているか。子ども・若者がつくる承認や自意識をめぐる交流=サブカルチャー世界を作る想像力に、それを理解しようとする想像力を駆使して挑んでいく試み。

目新しい感じはなかったけど、丁寧なサブカルチャー分析、という印象。

2014/09/07 00:20

投稿元:ブクログ

若者論の本。表紙が10年以上前のゲーム機(ゲームキューブ、ドリームキャスト、PS2、ゲームボーイ、ワンダースワン)ばかりが並んでいるのだけど、どういう意図でこういう表紙になったのだろう。最近の若者について書くのであれば、最新のゲーム機を描くほうがあってると思うのだけど。
ところで、近年の子どもの学力は保護者、特に母親の最終学歴が大きく関わってるらしい。もちろん、母親の学歴が高ければ子どもの学力も高いのだろうけど、これ見て結婚するなら学歴が高い人がいいと思った自分(現実は、彼女すらできたことがないわけですが・・・)。
ところで、小中高生の大規模調査のデータにたいして、『サンプル数が多すぎて解析結果の妥当性がやや弱い』と書いてあるのはよく分からなかった。少ないならともかく、多すぎてなぜダメなんだろう? これが分からなかった。
後、大学の講義をしている時に最前列に座ってる学生が「二次元に行きたい」とつぶやいたという話。いったいどんな講義だったんだ・・・。
それと、『ニ・五次元』について、『マンガ原作の舞台化作品などを指すことが多い』と記述しているのだけれども、そうなのか? 2.5次元というと自分はフィギュアとか3Dモデルのキャラクター(アイマスとか)というイメージがあるのだけど。まだそれならドラマ化のほうが2.5次元っぽいような気もするけど・・・。舞台化ってほとんど3次元じゃないか?
他にも、『伝説の戦士であるプリキュア(伝説の戦士)』という記述もよく分からなかった。あれか、大事なことなので二回言いました的な。プリキュアは見たことないからよく分からないのだけれども。

2016/03/21 06:54

投稿元:ブクログ

若者たちが紡ぎだす関係の世界は、承認を求める世界でもあり、彼らのアイデンティティが賭けられる世界でもある。友達をめぐる問いは自分の承認の物語でもある。「半径1メートルの想像力」とは、若者たちのギリギリの状況の中で生み出される虚構構築の企てを意味している。虚構が現実を切り拓くその可能性を探っていく。

2016/05/18 22:41

投稿元:ブクログ

自分自身がどう当てはまるのか、考えることも難しい。大人になるって、何だろうか。想像力の乏しさとは何なのか。経験してもないのに、想像力なんて働く気がしない。

2015/01/23 11:39

投稿元:ブクログ

テーマが関心領域にどんぴしゃだったものの
読みづらさが半端なかった。。
まわりくどいというか、やたらな難解な表現というか。

自分の脳みその回転数の低さをただただ感じる。

若者にとってのキャラ、他人志向型、拡張する人間関係、
あたりがそれでも学びになったキーワードでしょうか。
サブカルチャーを絡めた分析は、新鮮で身近に感じられました。

まとめると)
現在の子ども若者たちの世界は「大きな物語」が消失し、「小さな物語」だけが残った世界。彼らを理解するには、自足的で自閉的な「半径1メートルの想像力」で起きていることをまるごと見通す想像力が問われる。

9 件中 1 件~ 9 件を表示