サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/03/02 21:24

投稿元:ブクログ

わが県でも来年度から公会計が導入され、複式簿記の併用が開始となるので、読んでみました。読了してまず感じたのは、本書の著者(千葉県習志野市職員)の意気込みと自分の中での意識のギャップです。公会計で一体何がどうなるのか、あまり理解できなかったように感じます。
地方自治法で出納整理期間がなお置かれていることから、自治体の主流の会計が複式簿記になるとは思われませんし、多大なコストをかけてまで導入する意義が本当にあるのだろうかという意見です。ただ、単式簿記では減価償却費を計上しないので、現行の単式簿記会計や法定台帳で資産の更新費用を見込むことができないことのデメリットも感じています。特にこれからの時代においては、インフラの更新時期を迎えていきますので、公会計の導入で、インフラの更新費用を正確に見込むことができるなら、という条件付きで公会計には理解を示すものです。

1 件中 1 件~ 1 件を表示