サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

推定未来 白きサイネリアの福音(メディアワークス文庫)

推定未来 白きサイネリアの福音 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/07/10 20:46

投稿元:ブクログ

テーマとしてはおもしろい。現実的には発生していない事件に警察が介入するのは、もっといろいろなハードルがあるとは思いますが、確かにネット上に氾濫しているデータを分析しきれるだけの処理能力を投入できれば、ある程度の確立で犯罪を予報することは可能かもしれません。
ただ、本作は小説としては少し急ぎすぎな感じです。いきなり最終回みたいな展開で、前半と後半のギャップが大きすぎます。ちょっともったいないですね。

2014/07/09 12:08

投稿元:ブクログ

2014 7/1読了。Amazonで購入。
『月光』の間宮さん、最近出てないなあ・・・と思ったところで出てきた新作。メディアワークス文庫か・・・確かに、電撃っぽくない作風だったしそれは良いのかも。


ただ、青春小説(主人公が高校生くらいまで)の方がいいんでないかなあとは思ったりする。次も買うけども。

2015/05/24 17:16

投稿元:ブクログ

なかなか良かったのに、途中でわかっちゃって残念。主人公のキャラ崩壊しちゃったから、続編は無理かな。残念。良いテーマだったのに。

2015/04/07 23:00

投稿元:ブクログ

決められた未来はない。だが、予測できる未来はある。
どんな瑣末なデータからでも予測された未来の犯罪は防ぐという目的の部署犯罪未然防止対策係、通称ミゼン。
胡散臭いと疑われる部署に転属となってしまった主人公は困惑しながらも仕事に励んでいく。

もうすこしじっくりやってもよかったんじゃないかな?
キャラももう少し立たせてね。
前半の主人公の関係者の話で1冊、後半の事件でも1冊くらいでちょうどいいと思いました。
それといい意味での余計な話、この部署がどういった部署でどんなことをやっているかとか、膨らませ方はあったんじゃないかと思いますね。

2014/07/11 16:52

投稿元:ブクログ

決められた未来はない。だが、予測できる未来はある。どんな瑣末なデータからでも予測された未来の犯罪は未然に防ぐ、という警視庁の眉唾部署・捜査一課犯罪未然防止対策係―通称「ミゼン」に転属となってしまった巡査部長の君島透。ミゼンのことを胡散臭いと疑う彼だったが、そんな男をスカウトしたのは「人の不幸を呼ぶ女」と噂されながらもミゼンの存在と犯罪防止を信じて疑わない若き美人係長・如月美姫だった。困惑しながらも如月の下で事件を追う君島は、やがてある真実へと辿り着くことに。

警察内が舞台。
警察ものはなんとなく読みにくくて、ドラマで見る方が好きだったがこの話はテンポが良く、文章も読みやすかった。展開が早いのがもったいない。続編があったらいいのにと思う作品なのに、終わり方からすると続編はないのかな。

5 件中 1 件~ 5 件を表示