サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/06/08 17:07

投稿元:ブクログ

好著。フリーハンドで空間にグリッドを構築して立体物のスケッチを描いていく手順を詳細に解説。

連携アプリも用意され、タブレットを使ったビデオチュートリアルがたっぷり用意されているのも今風でおもしろい。喋りながら手を動かしている手元を映してるだけなのだが、感じがよくわかる。

私は建築系の訓練を受けてきたのでスケッチは矩形を積み上げていくマナーなのだが、本書では楕円がキーになる。また、シンメトリーのための中心線からの反転描画や、立面図の曲線と平面図の曲線を「コンボ」して空中に曲線を定位させる手順など、建築系にはない感じのスケッチのステップが詳しくでてくる。

楕円の短軸を意識しながら描き進め、「円を楕円として配置する方法がわかると、キューブ(立方体)を遠近法で描くこともでき」るという。えー、先に矩形を書いて内接するように楕円を描くんじゃないの、と思ったりもした。

で、ひとしきり、ビデオチュートリアルも見つつ、楕円を使いながら空間を描く練習をしてみると、脳内でスケッチ時の空間の捉え方が更新されていく感じがあった。

それから、私は右利きで、ずっと時計回りに楕円を描いてきたが、ビデオでは反時計回りに描くことが多いようだった。これにも違和感があったのでやってみた。これも新しい感触をもたらす経験だった。

2015/11/23 22:58

投稿元:ブクログ

※この本は凄くいいのですが、パースなど理解出来てない状態で手に取るとちんぷんかんぷんになる可能性があります
また内容も図形問題のような考え方があり優しい、読めば分かるとお世辞には言えません

ただ10割理解出来なくても、3割理解出来たら凄く使えます
パースなどある程度理解出来てきて建物の窓がパースついた状態でどこが中心なのか
基本ステップや四角形の分割は分かってるけど応用になったらフリーズしてしまうなどの段階になったとき凄く為になります
洋書の技術書というのは値段と内容が濃密ですが、この本もそれらの本と同じくらい良書でした

2 件中 1 件~ 2 件を表示