サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

てのひら怪談(ルチルコレクション)

てのひら怪談 みんなのレビュー

  • 四宮 しの
  • 税込価格:6806pt
  • 出版社:幻冬舎コミックス
  • 発売日:2014/06/24
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/08/26 18:00

投稿元:ブクログ

登場人物の見分けがつかないトラップですよ!さぁ、もう1度読んで下さい。そう!そういう事です!ニッカとピース良いなぁ

2014/07/06 16:32

投稿元:ブクログ

百鬼夜行抄っぽい
誰の話かわからなくなるところとか

でもそれよりほんわかしている
この人のホラーちっくBL好きです。

2014/07/10 14:42

投稿元:ブクログ

複数の子供が出てくるのはわかるけれど顔の判別がつかない。コミックスでそうなのだから雑誌連載中なんて、全くわからなかったかも。
死んだ人の姿が見えるとか、ホラーみたいというか内容もホラーでした。
感動あるようなのにちっともひかれなくて良い話なんだろうけど残念。

2015/12/01 22:17

投稿元:ブクログ

四宮先生のとってもあたたかくちょっぴりヒヤッとする作品が大好きです。
ニッカくんとピースくんの怪異譚、親友以上恋人未満のふたりのゆくえを時々起こる(巻き込まれにいく?)怪異を通して見守れるおはなしです。
裏表紙のあらすじに使ってある単語(あわい)がとても四宮ワールドに馴染んでいて、編集さんの作品愛も伝わってくる一冊です。

2015/11/23 16:24

投稿元:ブクログ

あれ?この子誰?とかこれどういう意味?とか、引っ掛かるたびに考え考え、自己解釈しながら読み進めていった。
人と幽霊の話。人物とかルールとか時系列とか…世界観は独特だけど、それだけに理解が追い付かない…ちょっと疲れました。BLの面ではメインじゃなくてただ男同士が多いってだけでした。

5 件中 1 件~ 5 件を表示