サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

ためになる

2016/01/17 14:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

男性にも女性にも若い時に読んでもらいたい漫画です。
ドラマ化されて再注目されてますが本当に素晴らしい作品集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/27 12:59

投稿元:ブクログ

双子は三種類あること、日本は精子の提供はオケだけど卵子提供はみとめられてないこととか知らなかった。助産師の小松さんがかっこよかった(笑)

2014/06/27 07:02

投稿元:ブクログ

出産時、子宮の収縮が悪く出血の止まらない産婦。命を救うため、出血を止めるために必死になる医師達のその描写に気持ちが持っていかれて、それは漫画の描写であるけど、実際の出産時に医師達が見る光景かも知れなくて、背筋が寒くなる怖さを感じながら読んだ。

ほとんどの出産は無事に安産で済むのかも知れないけれど、想定外の事が起こるのが出産でもあって、体にいい食事をしていたから、体に良い生活をしていたからといって、必ずしも安産に済む訳でもないのが出産で。
命の誕生の場でありながら、死と隣り合わせの場で日々働く産科医の方々は本当にすごいな。

漫画の中では、出血の多かった産婦も何とか輸血と子宮全摘出で命を取り留めたけれど、予想外の事が起きて亡くなる場合もきっとあるんだろうな。というか、ここまで医療技術が進歩する前だったら死んでいたであろう事案。ほとんど妊婦は何事もなく出産するけれど、その出産は今までの医学の進歩の上に成り立つ安心であるんだよな。無事に産めるのが当然のように思ってしまいがちではあるけれど。

2015/11/29 15:17

投稿元:ブクログ

自身も出産時の立会いをしたが、選択肢としてあるならば、是非とも立ち会ってもらいたいと思う。
親としてその瞬間をともにすることは、自然なことなのではないだろうか。

2016/03/18 12:39

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15199765

2014/07/31 10:08

投稿元:ブクログ

5巻まで大人買いしてよんだ。
子供ができて当然。
健全にうまれて当然。
みな望まれてうまれてくる・・・・
とは限らないことを、よく漫画にしてくれたな、とおもった。
母体が危機にさらされる、なんてあまり考えないだろうな。
ありきたりな、出産感動物語ではなく、
表があれば、裏があるような、シビアな目線の
作品であってほしい。

2015/11/25 16:27

投稿元:ブクログ

立ち会い出産は小松さんが言ってたように、本当に人生変わるんだろうなあ と思いました。赤ちゃんが生まれてくるということ…本当に凄いです。
双子って可愛いなと思うことばかりでしたが、お母さんは大変。あんなに沢山の危険を伴うと、初めて知りました。

2016/05/20 11:21

投稿元:ブクログ

最初と最後、小松さん大活躍♪院長に放った「じゃあ、もう○玉いらないね」には喝采を♥高齢妊婦、双子妊婦のお話。しのりんが少し丸くなってきてる気がします。高齢なのに中絶→次も妊娠できるよね?的な人に対して「次の妊娠は占い師にでも聞いて」は意識の低い彼女にいい薬になったでしょう。その後に続く言葉は決して冷たいだけではなく、しのりんの信念を見た気がしました。船越先生負傷、そこから登場する加勢先生、そしてしのりん&サクラ3人のタッグは鳥肌♪白川先生へのしのりんの愛の鞭も良かったです。しのりんとサクラは最強コンビ☆

2015/03/22 18:08

投稿元:ブクログ

今回は新生児科の先生が登場します。若手の先生ですが、サクラ先生など産科のドクターとの関わりを通じて作品の中で成長していく姿が印象的でした。

9 件中 1 件~ 9 件を表示