サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/05/01 21:31

投稿元:ブクログ

指導者として知っているといないとでは大きく変わる。自由にやらせるのと、意図を理解してプレーさせるのは大きく違う。

2014/07/10 04:58

投稿元:ブクログ

日本のサッカーと世界のサッカーを戦術的視点から解説。サッカーは社会的活動を伴う奥深いゲームだと再認識。また日本の指導者の指導不足による戦術メモリー不足という指摘も新鮮。よくある語りで「教え過ぎ」議論があるけど、そうじゃないと腹に落ちる。何度も読み返したい。学ばなければ進歩はないから。ありがとう。

2014/11/22 22:50

投稿元:ブクログ

副題:戦術とは問題を解決する行為である

いかにも翻訳気味の言葉が並ぶ副題だが、本書の中身も相手を外す動き(デスマルケ)等、スペイン語?と思われる言葉が並ぶ。教科書というように、今まで感覚でやってきたことをより論理的・網羅的にまとめるのであれば、このような本の試みも1つの提案としては良いと思う。

しかしながら本人も巻末に書いてある通りに、処女作であること、内容を限られた紙面に詰め込みすぎたと書いてある通り、網羅するような教科書の事典的ではないことと紙面だけで感覚的にわからせようとする面もあり、少し中途半端かなと思った。

これであれば、思い切って入門編として戦術的に考えるとこんなことも考えることができて日本の課題ですと1冊で提示して、少し厚めの本を教科書とした方がわかりやすかったかなとは思います。

とにかく1つの方向性をご自分の指導経験等から見せたという意味では、価値がある1冊だと思います。

2014/06/24 15:35

投稿元:ブクログ

試合を見る際にも参考になるスペインで指導している著者による戦術解説書。感覚では理解している守備や攻撃時、そして両者の移行時の戦術について紹介している。内容的には理解しやすく、試合観戦でも少し異なる視点で見ることになりそうだが、数時間で読めてしまい少し内容が薄かったのが残念。

2014/06/16 23:27

投稿元:ブクログ

日本の選手が言う自分たちのサッカーとは何か?

コートジボワール戦での敗因もこれならよく分かりました。

2015/01/06 21:53

投稿元:ブクログ

これもKindleで安かったのと、サッカーの戦術には興味を持っているので。

Kindle版がリリースされたのは2014年8月終わりだったが、元々紙の書籍で出版されたのが2014年5月だったので、ブラジルW杯の前に書かれた内容。今読むと古い情報もあって、少々残念な部分も。

内容自体は非常に分かりやすい。残念ながら僕は単なるサッカーファンでしかなく、指導者ではないので細かい技術論とか教える内容だとかについてはあんまり興味なかった。

が、どういうところに着目すべきか、どういう動きを見るべきなのか、どこがプレイヤーとしての質を表すのか、といった点を知ることが出来たのが、非常に良かった。

ペップ・バイエルンについてもいろいろと記載がある。が、現在のペップ・バイエルンはさらに進化している。試合中にがらりと戦術を変えられる、唯一無二のチームになりつつある。この『今現在のバイエルン』についての考察が聞いてみたい。

サッカーの指導者であれば、一度目を通したほうがいいと思うし、サッカーファンなら前半部分は非常に楽しめると思う。

サッカーの戦術って、奥が深い。

6 件中 1 件~ 6 件を表示