サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ローマで消えた女たち(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)

ローマで消えた女たち みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/10/03 23:15

投稿元:ブクログ

連続殺人事件を追う教誨師と、夫の死を探る警察官。合間に挟まれる過去のエピソード。…読んでて誰が誰かわからなくなってきた。あと、生物変異体?(うろ覚え)という、相手の見かけ・声・動作などをそのままコピーできる体質の持ち主も出てきて、推理とSF(もしくはホラー)が混ざったような作品。確かこの作者の前作「6人目の少女」でも何となく作者に化かされた読後感であったなあ。

2014/10/28 14:55

投稿元:ブクログ

 無国籍のエンターテインメント大作『六人目の少女』で凄まじいデビューを飾ったイタリア人作家カッリージの長編第二作である。のっけからあれほどのアイディアを詰め込んでしまった彼が、第二作をどのくらいの意欲と自負とで書き始めたのか想像もつかないが、大抵の作家であればあのデビュー作を超える二作目というだけで、恐怖に震えそうだ。

 そうした周囲の期待を背負って作り上げねばならなかった本書は、作者がそうした期待にしっかりと応えるこれまた印象的な作品であり、さらに作者があとがきで書いているように、二つの大きな興味深い題材を何としても小説化したかったという確かな動機に支えられて生まれたものであろう。

 二つの題材の一方は探偵や諜報員のように動くバチカン内部の捜査官たちの存在である。法に縛られず、時には処刑さえも行う内赦院所属の<闇の狩人>たち。さらにデータベースとして実在するらしい罪の記録保管所で分析される悪の記録。こうしたものが小説の中では教会の送り出す追跡者たちという存在として浮き彫りにされる。

 もうひとつの題材は、生物変異型の連続殺人犯、というまるで映画『遊星からの物体X』のように、殺人の獲物になりすまして生き続ける存在である。映画と違うのは、捕食者がエイリアンではなく、あくまでも人間であるということのみである。その存在はとてもわかりにくいものだが、小説内のあまりにも目立つ伏線によってじわじわとにじみ出てくる恐怖や悪寒そのものと言ってよさそうな嫌悪すべき存在である。

 善と悪の代表型のような以上二つの存在の対立が、物語中で大きくツイストをすることで、ものごとは見たままのものではなくなり、より深い部分を見つめなければ真実が見えない構造として作品全体の迷宮性はさらに強烈に読者の眼をくらまそうとする。

 この作家は小説構造を最初に建築学的に設計するところから始めるタイプの人なのかもしれない。そのくらい精密な計算された物語のパズルで全体が見え難くなっているために、一作目も二作目もスリリングで謎に満ちているのだ。

 この凄腕のストーリーテリングは、巻末最後の一行まで続いてゆく。続編があってもおかしくはないほどだが、やはり続編はいやだなあと鳥肌が立つあたりで、本書の存在感が改めてぞわりと感じられるほど。犯罪小説の好きな方、犯罪という人間のある断面を見つめて、新たな物語の地平に驚きを発見して頂きたいものである。

2015/02/28 15:55

投稿元:ブクログ

話が複雑で大変でした。章立てが細切れだったので細切れに読んでしまったので尚更。でもついていければ面白いですよ。

2014/08/05 10:24

投稿元:ブクログ

これは面白い。久々にこんなに面白い本を読んだ。
交錯する物語、次第に浮かび上がる真実。
雑多に詰め込まれているように見えて、整列している。
ミステリとはこんな物語のことを呼ぶ。

2014/07/12 15:47

投稿元:ブクログ

なんだかすごいものを読んでしまった。
複数の殺人事件の背後に黒幕が……という流れなんだけど、これはまったく想像がつかない。
よくこんなの思いつくなあ。

ローマらしい宗教画モチーフ、何よりバチカンと犯罪のかかわりがすごい。

2014/07/03 13:01

投稿元:ブクログ

複雑長大。

複雑な分、2作目のジンクスということになるかな。
とは言え、読み始めると前作同様最後まで一気に読む。

途中とちゅうの捻りもいい。

1作目の緊張感、2作目のプロット、で、3,4作目にとんでもない傑作が出るんじゃないかと期待値が膨らむ。

2014/08/08 21:48

投稿元:ブクログ

ローマで失踪した女子大生は連続誘拐殺人事件の被害者なのか?
ヴァチカンの秘密組織に属する神父マルクスとミラノ警察の写真分析官サンドラはそれぞれの方向から事件を追いかける。
やがて二つの道が交差する時、驚愕の真相が…。

すげー壮大なミステリ。
次から次へと続く事件に暗躍する人々。お腹いっぱい。
この話は謎の男の特異性を納得できるか否かだろうなぁ。ある意味SF的でもあるし。
この手の話を読むと、自分にキリスト教的な素養がもっとあればより面白さの本質に迫れるのになぁと歯痒く思う。思うだけだけど。
関係ないけど、このタイトルはちょっと内容にそぐわないような…。原題がかっこいいだけにもう少しどうにかw

2014/06/11 23:41

投稿元:ブクログ

前作『六人目の少女』が面白かったので第2作も購入。
謎めいた教誨師を視点人物とするパートと、未亡人となって間もない女性警察官を視点人物とするパートが交互に語られる構成。
この2人がそれぞれに追う事件が徐々に絡まり合って行き、更に、要所要所で教誨師の過去に関わる章が挿入される。この過去パートがよりサスペンスフルな効果をもたらしている。
ポケミスの中でもやや分厚い方になるが(一緒に買った「SF的な宇宙で〜」が薄め、かつ1段組だったので尚更……)、あまり厚みを感じることなく読み進められる。癖のない訳文は最近の娯楽小説らしく読みやすい。

8 件中 1 件~ 8 件を表示