サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/08/08 15:04

投稿元:ブクログ

フランスでは民主主義の苦悩は深い。
浮足立つ欧米に比べてロシアの決意は強固である。そこには資源大国として自信を回復した新たン明日型がある。ロシアの大胆さ、巧妙さばかりが目立ち、新冷戦という言葉も登場した。
冷戦構造の崩壊以降、欧州評議会はそのウィングを東に大きく広げた。

日本では完了から政治家に転身するとそれで公務員生活も終わりだが、欧州では正解を引退するとまた公職に戻ることができる。

2014/09/28 09:40

投稿元:ブクログ

その昔、学校で学んだEUは10か国に満たない連合だったが、いまや28か国にもなった。今もまだ独立運動が盛んな欧州において、一方で一つにまとまろうという動きがEUである。
本書を読むと、EUがいかに強い権力を持ち、各国の政治・政策に影響を与えているかがわかる。ローマ帝国滅亡後、イスラム教勢力が欧州に勢力を伸ばし、その後の共産圏の盛衰によって、国境線が何度も引き直された結果、民族や宗教が複雑に組み合わされてしまった。これをまとめる役目としてのEUを実験国家と称しているが、EUが決める政策がイノベーションを引き起こすという意味で壮大な実験だと思う。
現在の欧州を理解するための一つの切り口であり、とても興味深い。お勧めです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示