サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

「ふだん使い」には、いささかハードルが高いかも

2016/06/26 23:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

書名や装丁はポップな感じですが、ナラティブメディエーション
という耳慣れない交渉術に関する、まあまあハードな内容の学術
専門書です。

実用書感覚で手にすると、なかなか読み進めません。

各章の終わりに「要点のまとめ」があるので、頭の中のモヤ
モヤを整理するのには助かります。この「要点のまとめ」を
読んでから、本文を読んでも良いかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/08 11:41

投稿元:ブクログ

あなたは会話をしていて終わりの糸口が見つけられず、話をこじらせてしまったという経験をしたことはありますか。この本はそんな時に活用できる会話術を項目内容ごとに分かりやすく書いてあります。例があったり、要点がまとめてあり、簡潔かつ興味深く書かれている本です。(教育学部・理科専修)

2016/08/31 13:52

投稿元:ブクログ

題名は易しそうなのだが、翻訳のせいなのか読みにくく、内容もわかりにくい。「人生物語」がテーマのようだが、果たしてテクニックで「人生物語」に変化や影響を与える事が可能なのか?という疑問もある。

2015/04/17 15:27

投稿元:ブクログ

 人はときとして、ともに平和を望んでいるのにもかかわらず対立関係に陥ってしまうことがあります。そこには、彼らが思い描いている対立の「物語(ナラティヴ)」があり、その背後にはその物語を構築する文化(広義ですが、先入観などともいえるかと)があります。

 ナラティヴ・メディエーションとは、対立の物語とはべつの物語を構築することによって、相手への理解や共感、敬意を再確認し、対立の原因となっている問題を解決するための足掛かりを用意するための手法です。

 この本では、人びとが構築した単純な物語からべつの可能性をもった物語をつくるための具体的な事例が紹介されています。具体例をつうじて、単純な物語からべつの可能性を引きだすための聞き方や分岐点について考えることができたので、大いに参考になりました。

* メモ *
二重傾聴……人びとの言説の背後にあるものを聴く。そこにすでに解決への糸口、別の物語を構築するための手がかりがある
外在化の会話……問題を外在化し、自身と問題の関係を客観視する。また、人VS人の関係ではなく、人・人―問題、同じ問題に対峙し苦悩している関係だと考える
相反する物語の構築……二重傾聴などによって得られた手がかりから、べつの物語を構築してゆく。

4 件中 1 件~ 4 件を表示