サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

仕事のため

2016/01/17 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kuroneko - この投稿者のレビュー一覧を見る

通信会社に勤めているため、業界の動向など自身の勉強のため購入しました。
MVNOについてやドコモのシステムALADINなどの説明もあり、理解が深まりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 19:13

投稿元:ブクログ

ものすごい勢いで3Gから4G LTEに移行して高速化し、VoLTEも実現した移動体ネットワーク。その次の技術「4G-Advaned」に関するレポート。

4G Advancedは、イメージとして4Gの技術を結構力技で帯域を増やそうという技術という印象。CDMAやOFDMAという新しい無線技術が出てきたのとはやや事情を異にする。その分、確実に期待する条件が整う場合においては改善が見込まれるのだろう。2020年ごろを目標にしているが、段階的な改善が期待されている。
また、高速化だけでなくM2M/IoTで必要とされる低速・低消費電力の通信への対応も含まれる。

・複数のキャリアをまとめて高速化 - CA:Carrier Aggregation
・さらにTDDとFDDのCA
・さらにアンライセンスバンドとのCA - Licensed-assisted access (LTE-Unlicensed)
・複数のアンテナを使って高速化 ‐ MIMO:8x4まで対応
・マクロセルとスモールセルを重畳させて、容量確保とカバレッジ確保を両立 - eICIC: enhanced Inter-Cell Interferece Coordination, 基地局間干渉低減
・複数基地局が協力してセル端のゲイン向上 - CoMP: Coordinated Multi-Point
・M2M用の下り制御チャネル拡張 - ePDCCH
・M2M用の新UEカテゴリー - 最大200kbps程度
・OFDMAの強化 - SC-FDMA:Single Carrier FDMA
といった技術について丁寧に説明している。CAなどもうすでに商用で使われている技術もある。

また、日本の3キャリアの周波数割当状況と標準化動向についても詳しい。この辺りは、さすが、日経コミュニケーション。

4G-Advancedの先には5Gも検討をされていて紹介されているが、下記のようにさらに力技な感じ。
・10GHz帯以上の利用による広帯域化
・100以上のアンテナを使うMassive MIMO
・新しいアクセス方式NOMA (Non-Orthogonal Multiple Access)

NFVの移動体網への適用もホットトピックのひとつ。バックホール回線のPON技術や半導体プロセス技術の話まで含まれていて網羅性が高い。技術ひとつひとつの詳細を知るには不足だが、今後の技術の発展の方向の概要を押さえるには十分。勉強になった。

2014/11/07 17:00

投稿元:ブクログ

日経コミュニケーションの移動体通信技術関連の記事のまとめ的な本。技術の概要のみをおいしいとこどりで知ることができる。新入社員向けなどにいいのではないか。

3 件中 1 件~ 3 件を表示