サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

MM9 3 destruction(創元SF文庫)

MM9 3 destruction みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

楽しめた

2015/01/26 03:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マック・ディオナー - この投稿者のレビュー一覧を見る

意外とこの手の作品が少ないと感じるのは気のせいかな。でもSFのジャンルの中の一つになっていいと思う。いろんな神話との合わせ技はフフフと楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/25 22:29

投稿元:ブクログ

おもしろかった。2冊目の長編からの続きとなる長編になりますが、単純にヒメが戦うだけの話ではないし、いろいろな要素が絡まって、作品世界全体にすごく奥行きが出た印象です。
怪獣と神話を関連づけるアイデアはおもしろいです。そのぶん少々前置きや説明が長くなってしまっているので、そこを嫌う人もいるかもしれませんが、そこも含めて楽しむ本ですね。
MM9本編としてはやりきってしまった感がありますが、この後は続くんでしょうか。

2014/08/10 09:47

投稿元:ブクログ

怪獣愛フルスロットル作品。
ウルトラマンとかで予習した方が楽しさ倍増。
男子高校生の悶煩も面白くて良いスパイス。

2015/07/22 12:08

投稿元:ブクログ

MM9シリーズの3作目。怪獣大決戦です。いや~、このシリーズ面白かった。読んでいてワクワクしました。ぜひ続編も書いて欲しいなあ。

2016/05/26 09:55

投稿元:ブクログ

侵略を企む宇宙人らしき影も見えてワクワク。宇宙怪獣と地球怪獣の戦いにはドキドキ。一騎が伴野英世作『ヤマトタケルは女だった』を読むくだりは‥‥二度読んでもこんがらかってしまいすいません、流して読んでしまいました。
一騎君は ❛男❜ の子だねぇ うん、よく頑張ったと思います。

2016/06/30 21:00

投稿元:ブクログ

MM9、3冊目。
前作のエピローグで示された謎の巫女の下に集められた一騎らとヒメ。
ここでもまた美少女?が登場し、この前から続くラブコメ調に拍車がかかり更に恥ずかしい感じになった上、これでもかと語られる神話が改竄されるお話は、後になれば大事なことが語られているのが分かるのだけど、多少げんなり。
この本、467頁もあって税込み1,058円もするんだけど、この辺りをもう少し刈り込めばもっとテンポ良く、またお安くなったんじゃない、と思いながら読み進む。
多重人間原理をベースに、神話宇宙とビッグバン宇宙が鬩ぎ合う基本スキームは既にお馴染み。
地上に顕現している唯一の女神たるヒメを倒して地球制圧を企む宇宙人の侵攻に、今回もまた無力な気特対。
神話宇宙を維持するために暗躍する妖怪が申し訳程度に絡むが、作者としては描きたかったという地球怪獣軍団vs宇宙怪獣軍団の総力戦に向けてズイズイ進む。
ストーリーとしてはかなり強引と思うところもあるけれど、時空を切り裂いて宇宙怪獣が登場する場面はそのビジュアルが目に浮かぶおどろおどろしさ。
呪縛を解いたヒメと封印を解かれたゴズとカガミが、宇宙怪獣と繰り広げるバトルは、確かに昔観た東宝映画さながら迫力と楽しさ。
かくして悪い宇宙人から地球を守り、怪獣たちは再びそれぞれの安住の地で深い眠りにつくのでした。めでたし、めでたし(パチパチパチ)。

2014/09/12 23:50

投稿元:ブクログ

前半のラノベ展開にはちょっと引く。だって怪獣=災害という話なんだからこれ災害小説なんでしょ? ラノベにするなよぉ・・・。書いたの3.11以降なんだし。1巻は災害小説だった気がするだけに。
ただ後半の怪獣大戦争は燃える。これ以降は完全にきぐるみ特撮の映像で読める。特撮からの引用もいっぱい。

2015/02/08 14:40

投稿元:ブクログ

MM9シリーズ第3弾。第2弾の続編になっている。巨大怪獣同士の戦いがクライマックス。少年、少女と怪獣(?)の恋愛要素をも入っていて、ちょっと切なくさせる。3作を通じて過去の特撮番組、映画へのオマージュと強い愛情が感じられる。実写化されていたらしいが、ぜひ観てみたい。

2014/08/04 19:00

投稿元:ブクログ

新たなストーリー展開の『MM9』、前作からの「神話は怪獣の物語だ!」のテーマで怪獣の存在を古くから伝えられる世界の神話になぞらえたハッタリの利いたトンデモ設定でノリノリな完結編的展開が楽しかった。そのテーマ故、妙に理屈をこねまわす大人な解釈で話を進めるよりもラノベ調へ振った展開は返って肩がこらずに明るい気分で読めたので正解だろう。 特撮映画や特撮ドラマ好きへの小ネタも満載。しかし、怪獣小説の難しさ故にネタの膨らまし方にも限界が視えてきた感もあり、「ここらが潮時!」っといった≪潔さ≫も気持ちが良く三部作を堪能できた。

2014/08/16 20:05

投稿元:ブクログ

話を膨らませるためだろうけど、トンデモ神話説と主人公の高校生の恋話は正直うっとうしいけど怒涛のラストは面白い。

2015/01/23 23:12

投稿元:ブクログ

怪獣災害小説で円谷プロのパロディーとして1冊目は物凄く衝撃的だったのに、いきなりラブコメウルトラマンパロディになった。

ハードコアSFとしてはちょっとなぁ~


でも、物語としては面白いから楽しめた。

11 件中 1 件~ 11 件を表示