サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

きょうのスー 1(アクションコミックス)

きょうのスー 1 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

可愛いけどシュール

2015/08/23 13:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スーとその嫁の
「細かいことは気にしない」
「過去は振り向かない」
なサバイバル生活がたくましくて可愛いです。

三羽の子供(独立済)の今後も楽しみ。
同じ作者さんの【ぢべたくらし】に比べると、繋がっているストーリーが多めに感じました。
野鳥が好きなので鳥本として購入しましたが、なぜか疲れている時の癒やし本的な感じになってます。

白黒ですが、コマ割と描写が見事で画面から色を感じます。
近所の鳥たちを見る目が変わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛いです。

2015/09/30 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やよぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

スズメはきっとこんなことを感じているんだろうな、こんなことは感じてないんじゃないかなと、こちらの想像力を膨らませてもらえるコミックです。
雀好きの母と盛り上がりました。
確かに、大人になっても虫好きなスズメを見たことがあります。
所属するきっちりしたグループは決まってなくて本人(本雀)の都合によって
何個かのグループを出たり入ったりしているのも確認したことがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヘビがさいこー

2015/09/01 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お面コレクター - この投稿者のレビュー一覧を見る

続巻を待ってます。スズメの巣をのぞくヘビの場面がさいこー。真似して遊べます。たまごある?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微笑ましく、時には厳しいスズメたちの日常を描く4コマまんが

2015/05/09 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヒル隊長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

スズメのスーを中心に街中に住む鳥たちの日常がおもしろおかしく描かれている。
初めは独り身のスーが嫁さんが出来て、そこからの暮らしも波乱万丈な喜怒哀楽の日々と時の流れの物語性もあります。
スズメだけではなく、色々な種類の鳥が随所に登場するのも楽しいですね。

「ぢべたぐらし」の”あひる”も間接的に登場するので、そちらのファンの方にもオススメ!
ちなみに「ぢべたぐらし」シリーズのカラーとは異なり、本誌は巻頭カラーページを除き、モノクロの4コマまんがです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スー

2015/09/03 05:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

かわいい癒し系マンガです。スーさんと嫁かわいいです。人間から見たら癒されますがスズメの世界もサバイバルですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/23 20:56

投稿元:ブクログ

本屋さんにてカバーイラスト見て購入。様々な鳥たちの行動が漫画化された感じ。実際にこんなこと言ってそう!というあるあるが多い。特にスズメとカラス、ムクドリはそのまますぎる。久しぶりに漫画読んで声出して笑った。ただ面白くかわいいだけではなく、シュールなところもあり、かってにシロクマを思い出す。野鳥好きにおすすめ。

2015/04/23 18:36

投稿元:ブクログ

実家の庭でメジロとヒヨドリのミカンをめぐる攻防を毎年見ていたので、鳥たちのキャラ設定に深く共感。ギャグセンスも好き。
捕食されてしまったり、ほのぼのと野生の厳しさを描いているのが印象的。
卵をヘビに食べられても、孵らなくても、 「たぶんよくあること!」「そうか!じゃぁしかたない!」
いちばん野生を感じたコマでした。

2014/09/02 13:06

投稿元:ブクログ

最近、テラスにお米やパンをまいて、すずめが遊びに来てくれるのを眺めるようになった。

すずめのスー(オス)が主人公の4コマ漫画で、それに惹かれて購入したが、すずめ以外の鳥たちも登場して、カワラヒワなんて鳥を初めて知った。(地味だけどイイヤツぽい)
舞台は、著者が住んでいるらしい東京市部だが、ヘビ(鳥にとっては天敵)もいるような場所らしい。

絵柄はそんなに好みではないし、上手くもないと思うが、目の付け所がユニークなこと、それぞれの鳥の擬人化っぽいキャラ設定(ヤンキーっぽかったり、序列があったり)が面白い&私好みなこと、自然界の厳しさ(喰われるとか、餌をめぐって争うとか)もごくフツーに描いていること、などが良かった。

すずめが「がーん!」となる時に「チュゴーン」なんて擬音が入ったり、脱力ギャグっぽいところも好み。

私が、あまり鳥について詳しくないので、色々と勉強にもなった。フルーツを食べるのはやっぱり強い鳥から、とか、キハクレイは歩くのが早いとか、ツバメの巣をスズメが再利用したりする、等々。
初心者的知識だと思うが、文章だけで読むよりも頭に入りやすかった。

2014/08/19 15:17

投稿元:ブクログ

絵も可愛いし見やすいが、ノリが合わなかった…どうしてもとりぱんと比べてしまう。登場する鳥たちのキャラクター設定が自分に合わなかった。

9 件中 1 件~ 9 件を表示