サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

クロノ・モザイク

クロノ・モザイク みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/04/26 13:37

投稿元:ブクログ

本格推理小説の書き手である著者がタイムトラベル物に挑んだ作品。

導入部から、中学生の上条が未来に跳んで、いきなり目の前で付き合いのない同級生が殺されるシーンからスタート。ミステリらしい展開を絡めたタイムトラベル物かと思いきや、謎の生物が登場したり、幼なじみの女の子との恋があったりと詰め込み感が物凄くあって、どうにも消化不良。

タイムトラベル物の面白さって、過去の行動が未来に影響したりタイムパラドックスに悩んだりといった時間の流れを題材にしたミステリチックなところだと思うので、ミステリ作家がどう料理するのかと思ったんですが、どうにも題材が二階堂黎人さんに合わなかったような気がします。
時間旅行の法則が曖昧だったり、過去の行動のツケが未来でほとんど見えなかったり、一番残念だったのは幼なじみの女の子が持った能力……いや、その後出しはミステリ作家としては無しでしょ。

タイムトラベル物は様々な作家さんが、様々な手法で物語にしているので、ミステリとの相性は決して悪くないとは思うのですが、高畑京一郎さんの「タイム・リープのようにきちっきちっと、どの時間帯がどうなってるというところがすっきりとしていたらもう少し印象も変わったかもしれません。

ちょっと残念でした。

2014/09/30 14:07

投稿元:ブクログ

中学生の友介はある日突然タイムジャンパーとなり
恋人と自分が殺される瞬間に遭遇する。
タイムトラベル物は好きだし面白かったが
深読みしすぎたか終盤が呆気なく拍子抜け。
風来坊は何者だったんだ?
【図書館・初読・9/30読了】

2015/05/23 18:17

投稿元:ブクログ

SFミステリかな。タイムトラベル物です。
いくら何でもご都合主義にすぎるけれど(笑)でもちゃんと伏線は撒いてあるんだよなあ。さすが二階堂さん。
ミステリ的にどーのこーのとか理屈はこねずに、60~70年代の風俗と、ボーイ・ミーツ・ガールを素朴に楽しめばいいと思うよ!

2014/10/20 22:51

投稿元:ブクログ

SFミステリ。現在と未来を行き来しつつ、起こるはずの殺人事件を阻止しようとする主人公。運命を変えるためにはどうすればいいのか、そして彼に付きまとう謎の存在たちはいったい何なのか。一見小難しそうだけど、読み口は案外とポップな印象。実はラブストーリーも絡んでいたり。
連続殺人のミッシングリンクは、こりゃわからん!(笑) しかし途中でまさかあの人が関わってくるだなんて、というお楽しみもありました。

2016/09/02 23:12

投稿元:ブクログ

中学卒業を目前に控えていた『上条』は、大学生になった自分が暴漢に刺され、目の前で女性が殺されると言う悪夢を見る。しかしそれは夢ではなく、未来に起きる事実だった。
タイムジャンプと言う不可解な現象とくり返される殺人事件。それを喰いとめる為に、彼は奔走するのだった。


SFにしたかったのか、ファンタジーなのか・・・。
SFとしては設定が雑すぎるし、異界人(?)のキャラが鬱陶しすぎる。かといってファンタジーとよぶのもどうかと。
彼女にも秘密があるのは途中で丸わかりだし、収束は乱暴だろう。ラストの大団円もなんだか恥ずかしくなる。

2014/09/30 21:06

投稿元:ブクログ

面白かった。オーソドックスなタイムジャンプもの。まさかの水乃サトルが登場したことにびっくり。ヒーローだね。

2014/11/07 08:42

投稿元:ブクログ

タイムトラベル物。
中学生の上条は突然未来にタイムトラベルしてしまう。それも自分の恋人が暴漢に襲われ殺される場面に。夢にしてはリアル過ぎた。その後もタイムトラベルは起こってしまい、その度に犯人を探して殺人事件を防ごうとするが。
面白かったがタイムトラベルの原因や事件の背景の説明があまりにも神秘主義というか御都合主義過ぎる。水乃サトルまで出てくるとは思わなかった。
意外とドラマ化した方が面白いかも。

2014/08/24 13:38

投稿元:ブクログ

突然タイムジャンプしてしまった中学生の上条友介は、五年後に恋人が惨殺されることを知る。
友介は現在と未来を行き来しながら、運命を変えるべく奮闘する。

ミステリーにおいてはタイムトラベルはどうかと思うが、
これは純粋にSF小説。
時系列にちょっと混乱したが、これはこのジャンルの醍醐味でもある。

少しミステリー的な要素も入っており、最後まで楽しめた。
本格ミステリー作家の作品ということでかなり深読みしてしまい、驚きが少なくなったのが残念。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【SFとミステリーと恋愛小説のハイブリッド】中学生の友介は時間を飛び越えるタイム・ジャンプで、大学生の時に恋人が殺されることを知る。恐怖の未来を変えることは可能なのか?

9 件中 1 件~ 9 件を表示