サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国(B's‐LOG文庫)

迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/10/23 21:50

投稿元:ブクログ

気がつけば、見知らぬ店の中。
その店の店主に、君は迷子だ、と言われる。

どこにでも通じていて、どこにも通じてない扉。
色々な人物がやってきて、品物を持って行くわけですが
読み進めるごとに、この店のルールが見えてきます。

自分を持つ事、受け入れる事、受け入れられない事。
それこそ千差万別ですが、3話目についてだけは
いやいやいやと否定したいものがあります。
責任のなすりつけ、と言われればそうですが
それが己の基準なら…この店ではおっけー?
というか、題名が…善人はどこですか?!

読んでいたら、なんかこう…自分の中身に
がっちするようながっちしないような。
その感情だけを突起させてはいけません、と
言われてるような気がします。

2015/01/19 14:18

投稿元:ブクログ

メイは「迷」かな?
何故か1巻で完結だと思い込んで読んでいました。続きはいつ出るのかな。楽しみ。
価値観について改めて色々考えてしまう。
ちょっと「キノ」っぽい?と感じた。

2014/07/28 19:24

投稿元:ブクログ

面白かった! 舞台はアクセサリー店から動かずに、色々な『国』のほうから世界観が訪れる、というシステムにまずぞくぞくっとしました。解決を見せてからの、もう一歩踏み込んだ展開にうわわ、となったのが『小人の国』。『善人の国』は『善人の国』というタイトルの付け方だけでしびれます。『生体の国』のあの指輪にはきゃあ///っとなりました。最後、『迷子の国』のウァラクには自分も救われました。ひとつひとつ、わたしも見つけていきたい。
それにしても、イラストすばらしいですね! 続刊も期待してよいのかな。待ってます!

2014/08/30 12:39

投稿元:ブクログ

天動説キノ。あるいはあやかしの関わらないHOLiC。
集団のなかでの自分とか、価値判断とか、その辺のもやもやは共感する部分だった。

2015/12/26 02:43

投稿元:ブクログ

『お客の願いは必ず叶える。ただの一度として例外はない』
少年店主のシオンと喋る狼マルのアクセサリー店に迷いこんだ少年。

メイと名付けられ住み込むうちに店の不思議さに気付いていく。
この店は客の『主観』を旅して願いのあるものにしかその扉は開けられない。

帰るべき国を忘れたメイの自分探し。

2014/09/26 18:45

投稿元:ブクログ

【図書館本】作者読み。読んでいるとアニメでしか観ていない『キノの旅』を彷彿とさせた。
高里さんらしい、ひねりのある世界観。深い。
意外にもこねくり回しすぎてない言葉選び。高里さんにしては読みやすかった。
キャラもしっかり立っていて、彼らの過去やこれからのことをもっと知りたいと思った。
続編が出ることを楽しみにしている。

6 件中 1 件~ 6 件を表示