サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/09/28 18:02

投稿元:ブクログ

大事なことは、成果ではなくプロセス。毎日、新しい何かをシェアすることで、自身を、自身が作った何かを伝える。1日一回、その日の仕事が終わったら、ドキュメンタリーづくり。

2014/11/16 01:13

投稿元:ブクログ

今でもたまに読む
「クリエイティブの授業」を
書いた方の本。

序盤に
常に死について考える
という切り口から、
生きることと向き合う
という視点の話が
突然始まって、
何だろう?と思いました。

読み進めると
1日1日の行動を記録したり、
自分の作品制作の過程を
丁寧に残していって
それをシェアすることが
書かれていて、
そこで初めて
考えが繋がりました。

「塵も積もれば山となる」の
塵には動機が必要で、
その動機の一つとして
死を感じて
生と向き合うことが
あるのだなぁと
思いました。

創作し続けて
それを共有することは、
生きた証を残したり
誰かへ託すような
そんな作業と似ていると
少し思いました。

2015/03/09 15:19

投稿元:ブクログ

同じくSolaさんからお借りして読む。

前作と違い、いかにアイデアを共有しつつ、
つくり上げていくか?という内容。
文字でここでまとめてしまうでなく、
読んで○○を学ぶという性格のものでない。
この本に触れるという体験の中で活性化されたアイデアをアイデアとして創作し、
それを世の中に公表しつつつくり上げていく。
その第一歩、あらため第0歩になる本だと感じる。

創作意欲いっぱいの人はもちろん、
頭固いかしら、自分?という心当たりのある方にお勧めしたい一冊。

3 件中 1 件~ 3 件を表示