サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

「誰にも書けない」アイドル論(小学館新書)

「誰にも書けない」アイドル論 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

国民的ソロアイドル歌手のいた時代

2014/08/30 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はソロアイドル歌手の歴史(発生・興隆・衰退)と現在のアイドル事情を踏まえた「アイドル論」を、クリスさんの自伝を交えて語られています。昭和の香り漂う本に仕上がっていて、満足しました。ただ、第6章の竹内まりやとの対談は、つまらない提灯記事でした。

 クリスさんによると、アイドル歌手の定義は「明星や平凡といったアイドル雑誌の表紙を飾ったことがある方々(36ページ)」で、一般的には、71年デビューの小柳ルミ子さん、天地真理さんが始まりとされているとのことです。
 そして、80年代前半に全盛期を迎えました。歌番組も大量に放映されていた時代です(92ページ)。アイドルの活動期間は2~4年程度(223ページ)で、新旧アイドルの交代劇は大きな楽しみの一つでした。
 ところが79年のウオークマンの登場により、音楽事情が激変。アイドルも変容を余儀なくされました。つまり「ピンポイント型の聴き方」が始まり、万人に愛されるソロアイドルが廃れていきます(45ページ)。そして、おニャン子クラブの登場で致命的なダメージを受けます。「素人スターを輩出しすぎたために、ソロアイドルの消滅へとつながった(42ページ)」わけです。田村英里子さんを最後にソロアイドル時代は終わったとのクリスさんの分析です(43ページ)。
 老若男女、万人が歌を共有していた昭和から平成に移ろい、全世代が同じ歌を共有する時代ではなくなりました。つまり、ソロアイドル歌手が切磋琢磨して成長する「国民的ソロアイドル歌手の時代」は終わったのです。アイドルの盛衰や変容という視点で、日本社会の変遷の一端が見えてくるというアプローチは面白かったです。

 本書は、2万枚ものレコード・CD・DVDや膨大な資料を所有しているクリスさん(229ページ)のウンチクを、ほんの少し披露したにすぎないでしょう。昭和の文化史として、様々な切り口で、「アイドル論」を語り続けてほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/14 10:21

投稿元:ブクログ

リアルタイムで70年代、80年代のアイドルを見てきて、好きだった人には懐かしく楽しめる内容だと思います。

2016/04/02 07:26

投稿元:ブクログ

クリス松村さんは生まれた年を公開していないけど、某記事によると、2016年初め時点で57歳のようです。(私の4つ上)
生きてきた時代が重なっているので、そう・そう・そう・そう! と感心しながら遠い記憶を呼び覚ますうれしさがありました。40~50歳代で歌番組を観ていた人は読むべきです。
松浦亜弥は別として、田村英里子が最後の大型アイドル(グループではなくピンで活躍していて、原石(=イモねーちゃんな感じの少女)をファンが見出して育てる感覚)というのも同意ですし、最終章の竹内まりやさんとの対談も面白かったです。

2015/05/05 15:31

投稿元:ブクログ

筆者がレコード時代から、無類のレコード好き、アイドル好きなことがよくわかった。その中でどのようにして日本のアイドルが誕生し、そして変遷してきたか、一ファンとしての視点からはなかなか興味深い。しかしながら、そのような趣味を認めない父親との問題など家庭の問題の記述もある。

冷静なアイドル論というよりも、同時代を生きた一人の証言者としての記録として読むほうが良いのかなと思った。

2014/08/26 15:23

投稿元:ブクログ

膨大な情報量とリアルタイムの経験が詰まった一冊。
その詳しさや分析力はさすがと言ったところだが、どうも著者は典型的な「昔は良かった」論者のようで、やたらと現在のアイドルやアイドル商法への恨み言が点在するのには少し閉口してしまう(著者からは感情論に陥らないように資料を提示する努力が見られて、否定派の論理的根拠にはいくらかなり得るだろうが、それでもドギツい)。
とはいえ、著者の70-80年代アイドル愛はひしひし伝わってくるので、面白い本ではある。

巻末に年表があるともっと読みやすかった。

2014/10/10 17:10

投稿元:ブクログ

70~90年代にかけてのアイドル、(すぐ消えてったアイドル達も含む)めっちゃ詳しい。
巻末の竹内まりやの対談が面白かった。
”Mariya's Snngbook" 購入決定!!

2014/08/15 12:17

投稿元:ブクログ

キワモノ扱いされている感のあるクリス松村氏であるが,音楽評論家としての腕は確かなのではないだろうか。本書では,チャートを詳細に分析し,著者なりの知見を加えてまとめている。評論家としての実力は,山下達郎,竹内まりやも認めている。

7 件中 1 件~ 7 件を表示