サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

鳥籠の寵姫 虜の皇子は恋をしない(小学館ルルル文庫)

鳥籠の寵姫 虜の皇子は恋をしない みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

さらっと楽しいラブコメディ

2014/09/02 13:38

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

レヴィーリーンは後宮の女奴隷だった。いつか皇帝陛下の寵姫になってウハウハ生活を送るのが夢だった。その夢が叶う時が来たのだ。ダンスを踊った際皇帝の目に留まりお召があったのだ。ウハウハ生活の第一歩と思っていたレヴィーリーンが連れてこられたのは、皇弟が幽閉されている黄金の鳥籠と呼ばれる場所だった。
 しかも皇弟シャルハードはレヴィーリーンを醜女と言って近づけようとしない、ガラクタを作る研究をする変わり者で----。

 強気で前向きなヒロイン・レヴィーリーンと斜め後ろ向きなヒーロー・シャルハードのボケ突っ込みラブコメディです。
 読んでいて楽しく明るくなれる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/02 22:25

投稿元:ブクログ

皇帝の寵姫になるという野心いっぱいのレヴィーリーンは、舞で目立って鳥籠の王子様シャルハードのところに。彼、いろんな実験してて、熱気球を作ったりしてるのはよいとして、肝心の砂から水を作るっていうのが現実味がなく、魔法がある国の話だっけ?って思っちゃいました。

レヴィーリーンとシャルハードの仲は予想通りの展開でしたけど、お兄さんの皇帝とラアナのお話ももっと読んでみたかったかな。

2015/03/13 17:58

投稿元:ブクログ

奴隷のレヴィーリーンは、粗野で、ガサツで、野望に燃えるガツガツしている娘なので、読み手の好みが別れそうですが、根が良い子なので可愛い娘です。
奴隷といっても身分差の恋愛ものではない。
鳥籠と呼ばれる幽閉された孤独な皇子と出会うことで、それまでのガツガツした生き方から自分のための生き方を考えはじめるというお話。
何も持つことのできない皇子の絶望的な孤独を察することができるようになるレヴィーリーンの優しさがキュンな良いロマでした。

ただ、砂から水ってのがやっぱり…話として無理があるわよねぇ…だめよ、信じてあげなきゃ!…となんとなくアホなモヤモヤを脳内で繰り広げたくなる。(;´д`)
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4319.html

3 件中 1 件~ 3 件を表示