サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー51件

みんなの評価3.9

評価内訳

51 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

お気に入り!

2016/05/24 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔からシャーロックホームズが好きでしたが、こんな面白いものがあるとは…、という感じです!女性化した二人もいいものですね。続編期待しています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういうの待ってました

2016/01/11 16:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高殿円!それもホームズ・パスティーシュ!そんなの読むしかないじゃない!
現代のロンドンを駆けまわる名探偵という構図自体はBBCドラマ『SHERLOCK』などでも既に馴染みですが、こちらはホームズが女性、ワトソンが女性、レストレードもモリアーティもみんな女性! 一見異色の設定でありながら、いわゆる聖典らしさもしっかりと踏襲されている素敵な作品です。
これまでホームズとワトソンの友情は様々に解釈、あるいは深読みされてきましたが、『緋色の憂鬱』でのふたりも非常にいさぎよくて格好いい。そして物語の最後はなんとも意味深……いま一番続きが読みたいホームズ・パスティーシュです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/26 21:31

投稿元:ブクログ

主要なキャラクターのほとんどを、女性に。
しかも舞台を現代にした、パスティーシュ。
女性ばかりの世界ならではの、女同士らしい会話や雰囲気が、何ともおかしい。
優秀な電脳システムとの連携とか、現代らしさの絡め方も楽しかった。
続編も読んでみたくなる設定。

2014/09/02 22:23

投稿元:ブクログ

性別を女に、時代を現代にしたシャーロック・ホームズ作品。
上手く現代風にアレンジされているけど、この一冊だけでは活かしきれていない設定が多いので続編を期待したいです。
パンケーキおいしそうだった。

2015/11/13 08:47

投稿元:ブクログ

シャーロック・ホームズのパスティーシュ小説なのですが、ホームズ&ワトソンもレストラード警部も原典の主要人物がみんな女性になっているのでした。トリックも殺人の動機も女性ならでは、という感じでおもしろく読めたけれど、全体的にこれはホームズにする必要があったのかな?という感じも。ワトソンの抱えている秘密など、続編があるならいいけど現時点では蛇足に感じてちょっともやもや。

2016/10/05 23:39

投稿元:ブクログ

「緋色の二酸化炭素を多く含んだ血が赤みを取り戻して再び僕の体を巡るたび僕は考える。本来なら僕はとっくに死んでいたはずなのにと。あの蜘蛛の女王が正しく司法の裁きを受けていれば僕はこの世に存在することはなかった」
(P.179)

2014/09/17 11:03

投稿元:ブクログ

ホームズ&ワトソンを女性に置き換え、時代を現代に設定したパスティーシュ。とにかくホームズのキャラ設定がぶっ飛んでいて面白いです。ワトソンもなんだか一癖ありそうで、是非ともシリーズ化していただきたいです。

2015/08/20 06:40

投稿元:ブクログ

「久しぶり」
「早かったのね。ちょっと驚いちゃった」
「親切な協力者から、僕たちが先回りしていることは聞いていたんだろう?」
「メールが来たわ。テムズ川を遡られたって。あなた達って本当にすごいのね」
2015/08/19-08/26

2015/02/23 22:36

投稿元:ブクログ

女性版シャーロックホームズ。ワトソンもレストレードも女性で舞台は現代のロンドン。ミステリというより設定がSFっぽくなってます。未解決な部分を残してるので、続きがあるといいな。

2015/01/12 21:22

投稿元:ブクログ

シャーロックホームズの舞台を現代に移し、女性化したパスティーシュ。

面白い!シャーロックホームズのぶっ飛んだ様子が女性化されていても魅力的。続編に期待。

2015/01/10 00:54

投稿元:ブクログ

ホームズを現代版にして女性にしたのが今作。
読みやすいし、女性ならではの犯行動機や殺害方法だったりしていろいろと変えてあって面白かった。
ただ、ノリが軽くラノベっぽい雰囲気だったりAIが出てきたりSF感もあるので原典の正統派パスティーシュを求めてる方には向かないと思います。
ドラマのシャーロックを女版にしてSF要素を足した感じ…というと近いかもしれないです。

2015/01/22 11:23

投稿元:ブクログ

シャーロック・ホームズの「緋色の研究」をベースに作られたもの。シャーロック・ホームズ筆頭に性別がオール女性。ついでに現代版なのでシャーロック・ホームズ好きの人からすれば「なんっじゃあこらあ!」と怒られそうな気がしないでもないですが、私はとても楽しみました(※緋色の研究も読了済み)
好みこそあれど、丁寧に作者自身が好きだから書いているんだな~と読み取れるものなのと、比較的入り込みやすい文体だったのもあります。

まぁでも大分斜め上です。予想外でした。色んな意味で。そういう意味も込めて、まずは本屋さんでペラペラと立ち読みして相性を満た上で買うのが良いかと思います。

2014/11/28 18:35

投稿元:ブクログ

11/27 読了。
百合。ゆるふわミリタリービッチのワトソンと、クーデレお嬢様なホームズ。事件も女性ならではのものになっているし、ホームズに"心がない"ことの意味合いとか、薬漬けな理由とか、モリアーティとの意外な因縁(ここ萌える…!)とか、工夫されていて面白かった。

2014/08/26 23:03

投稿元:ブクログ

おもしろいいいいい!
元ネタの本家は一巻しか読んだことがないのですけど←
ちゃんと読んでる人はもっとおもしろいんじゃないかな。
二人の今後も気になるけども、二人の過去も気になる。そして挿し絵がかわゆい。

2014/12/27 18:08

投稿元:ブクログ

2012年、オリンピック開催に沸くロンドン。アフガン帰りの軍医ジョー・ワトソンは、早々に除隊したものの、物価の高さと仕事の無さに鬱々としていた。このままでは路頭に迷ってしまう。そんな折、友人ミカーラからフラットシェアを勧められた。シェアの相手はシャーリー・ホームズ。ちょっと変わった女性だという。
だが実際に会ったシャーリーは、ちょっとどころではなく変わっていた。乗馬服に身を包んだ清楚な美貌、人工心臓を抱えた薬漬けの身体、初対面で経歴を言い当てる鋭い観察眼、死体置き場で寝起きする図太い神経。なにより驚いたのは、彼女が頭脳と電脳を駆使して英国の危機に立ち向かう 、世界唯一の顧問探偵であることだった。
ベイカー街221bで同居を始めて間もなくヤードの女刑事レストレードが訪ねてきた。死体がピンク色に染まる中毒死が続発しているらしい。いまだ無職のジョーはシャーリーに連れられて調査に赴く。それは2人がコンビを組む、初めての事件だった。

シャーロックもワトソンもレストレード警部もみーんな女性のSF寄りシャーロックパロ。ノリは完全に厨二なラノベだけど、テンポいいし読みやすいし、シリーズ化が楽しみ。ジョーがわりとほんとにどうしようもなくて笑える。

51 件中 1 件~ 15 件を表示