サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

修羅走る関ケ原

修羅走る関ケ原 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/09/25 15:27

投稿元:ブクログ

修羅の死生観

関ヶ原の合戦の歴史的解釈ではなく男たちの死生観

世界の大航海時代 スペイン ポルトガルが世界中を植民地化 鉄砲 キリスト教伝来

日本植民地化の野望

2014/11/05 18:01

投稿元:ブクログ

関ヶ原の戦い。日本中の武将が東西に分かれ、激突した日本最大の内戦。これほどの大きな戦いを経験したことがない武人たちは何を思い、関ヶ原に挑んだのか。著者は時間の経過ごとに主人公を取替え、局地戦の描写を積み重ねることで、その巨大な戦場を明らかにしていく。著者の代表作「利休にたずねよ」と同じスタイルだ。

主人公として登場するのは、徳川家康、石田三成らの大名から地侍まで。わずか1日の戦いで、彼らが修羅となり、一直線に戦いに没頭する心情が巧みに盛り込まれている。クライマックスでの最高の見せ場をあげるなら、大谷吉継と福島正則の敵味方をこえた友情だろう。結果、大谷は自害し、福島は家康への忠誠が揺らぐ。

ちなみに本作品は雑誌連載終了とほぼ同時に著者が亡くなり、出版前の加筆や修正がなされていないらしい。そのため、人物描写にもう一工夫ほしい気がする。が、残された人生を小説に捧げた著者の魂がこもっていると思えば、それはそれで味わいがある。

2014/09/20 13:19

投稿元:ブクログ

関ヶ原の天下分目の戦いを東軍(家康他)、西軍(三成他)、裏切(小早川他)の各武将目線で戦いを描く。狸祖父の家康、嫌われ者の三成、最低男の小早川夫々の戦いがイマイチ面白く無く。やはり、一途な漢で負組の島左近、蒲生郷舎がいいな〜。

2014/08/05 18:00

投稿元:ブクログ

関が原の合戦を、主に、
西軍:石田三成、大谷吉継、宇喜多秀家、
東軍:徳川家康、福島正則、黒田長政、
裏切:小早川秀秋、吉川広家、毛利秀元、
の各将の思惑を中心に、

各々時系列に交錯しながら描かれており、
関が原の合戦モノの初心者にとっては、
程よぃ軍記小説だったと思います…。

主人公は、
石田方の侍大将の土肥市太郎・市次郎の、
兄弟となるのでそぅが…、
このよぅなパターンは…、最近ですと…、
伊東潤さんの『天地雷動』がありますね。

ただ…、『天地雷動』の侍大将の帯刀は、
侍大将の分をわきまえた、大人な言動と、
足軽ゆえの生への執着がとてもリアルで、
さらに、負け戦の悲壮感を体現しており、
武田方の誇りをよく表現していましたが、

本作品の侍大将の土肥兄弟は、
その点からすると、
義だけが全面に出過ぎる上に、青二才で、
分をわきまえなぃ言動は、少しウザぃ…。
物語の腰を折る存在になっていたかも…?

あと…、土肥兄弟の出過ぎ加減に対して、
各将の人物像や深層心理の描写は、
ちと、弱かったかもしれなぃな~。
加えて、戦場の緊迫感や臨場感も、
あまり伝わってこなかったかも…。

なので、
歴史小説に造詣の深ぃ読者の方には、
少し物足りなぃかもしれませんね…。
加えて、所謂エンタメ性もなぃので、
最近、歴史小説を読み始めた方にも…。

作者の山本兼一さんは、
本作品が遺作となるそうです。
ご冥福を、お祈りいたします。

(評価は、少し甘めです)

2014/12/28 20:34

投稿元:ブクログ

すごく長い長編でしたが、内容的には少し
一般的な徳川家康が悪者で、石田三成にたいしての
判官贔屓的な内容でした。そのためあまり興味が
深くなるような話ではないような気がしました。
その中でも、細かな描写、特に個人個人の戦闘や
命を落とすときの描写は迫力がありました。

2015/02/15 15:12

投稿元:ブクログ

天下分け目の関ヶ原の合戦の話。普通、関ヶ原というと老獪な家康が巧妙に三成を追い込んでいく布石から入っていくが、この本は関ヶ原前夜と当日だけ各々の武将の心情や行動の詳細が描かれているという、かなり割り切った展開。確かにタイトル通り、修羅と化した武士を全面に押している。これが著者の遺作らしく、本当に死と隣り合わせで書いた気迫が伝わって来そうだ。

2015/02/07 13:36

投稿元:ブクログ

関ヶ原の合戦に参戦した各武将の視点で心の葛藤や戦況を各章毎にまとめリレーをしながら話が進む。関ヶ原の合戦ものを読むのは久し振りだが、何時も思うのが、加藤清正、福島正則などの豊臣恩顧の武将は、その後のときがわ時代を見てどう思ったのだろうか興味深い。

7 件中 1 件~ 7 件を表示