サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

隠された貧困 生活保護で救われる人たち(扶桑社新書)

隠された貧困 生活保護で救われる人たち みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

増え続ける生活保護

2014/08/03 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は生活保護受給がからむ貧困問題について、児童養護施設出身者・高齢犯罪者・薬物依存者・外国人貧困者・ホームレス(孤立高齢者)の切り口で章立てし、それぞれ個別ケースの紹介と解説という形でまとめられています。
 それぞれの態様で生活保護受給に至る事情等が大きく異なるため、問題解決は容易ではなく、立ち直りに向けたそれぞれの取り組みが必要とされていることが理解できました。
 ただ、各章とも一冊の本になるくらいの大きなテーマを、限られたページ数で扱っていますので、総花的かつ掘り下げが足りません。例えば、個別ケースの紹介は、生活保護から早く脱却したいと考えるような真面目で模範的な受給者のケースのみです。悪質な受給者のケースには踏み込んでいませんので、解決策を含め全般的に浅い印象です。
 いずれにしても、受給者が増え続ける現状を止めないと、社会はますます沈滞化するでしょう。

 その昔、日本は「一億総中流」と言われていました。ところが、小泉が総理になり、「小泉改革だ!」というワンフレーズで国民を思考停止にし、非正規雇用を浸透させ、終身雇用社会をぶっ壊しました(215ページ)。結果、招来したのは「大会社の莫大な内部留保」「少子高齢化社会への拍車」、そして「中流社会」から「格差社会」への転換です。また小泉政権を起点とし、生活保護受給者も激増しています(212ページ)。
 この小泉の流れを汲むのが、アベノミクスです。最近も「残業ゼロ法案」という大会社(資本家)だけが喜ぶ政策を発表しました。安倍は小泉以上に新自由主義を推し進めようとしていますので、「格差社会」への認識は希薄かつ無策です。そして、生活保護受給者は今後も増え続けるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/03 19:18

投稿元:ブクログ

アマゾンの1-Clickで間違って買ってしまったのだが、結果的には購入して正解だった。
貧困家庭の子供たち、高齢犯罪者、薬物依存者、ホームレスなど、普段の生活では接点がない人たち(自分たちが意識的に見ていない人たち)の過酷な現状が赤裸々に綴られている。
それにしても生活保護というのは非常に難しいものだ。『無差別・平等』主義で、貧困に陥った経緯や原因を問わない(ただし在留資格を持たない外国人は対象外というのは初めて知った)。我々納税者からすると、自業自得的な人たちに対し、どうしてもそのモラルハザードを受け入れられない部分が残る。利用者も高い倫理観を持ち、できるだけ自活しようと努力する人もいれば、某タレント母のように『もらい得』みたいな考えの人まで様々だ。こういう状況をすべて理解したうえで、著者が『無差別・平等』主義の制度は社会にとって必要だと言う境地に達したのは、それなりに合理的な判断なのだろう。
生活保護までは至らなかったが、自分も貧困家庭で育った。幸いにして親の代から社会階層を2段階くらい上がることができたが、少なくとも子供の貧困対策だけは最優先に予算を投入して、貧困の連鎖が起きないようにするべきだ。生まれた時から何一つ苦労を知らずに育った2世・3世の政界のお坊ちゃま、お嬢様方に期待するのはお門違いか。

2 件中 1 件~ 2 件を表示