サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/12/25 09:18

投稿元:ブクログ

よい質問 は よい語り手 を
よりよい語り手に つくりあげていく
よい語り手 は よい質問を
よりよい質問に つくりあげていく

一つの「章」が まるで 
すてきな芝居の「一幕」のようでした
次は どんな「幕」なんだろう
と ワクワクしながら
次のページを繰っていました

百人の芸術家がいたら百種類の表現がある。これは健全です。みんな同じというのは不健全です。

「迷う、ゆえに我有り」。「私」とは何か。この問いの答えを、私は迷いながら探しています。

わからないのがあたりまえであり、世界の常態です。そしてそのわからないことだらけを相手にしていると、時々ですが、サッと光が射し、なにかかがほんの少しわかる瞬間がある。

etc…

その「幕」の中に
こんな 決め台詞が
きちんと 用意されてしまう

こりゃあ おもしろい

2014/12/16 10:57

投稿元:ブクログ

面白いわー。「だってそれが美術だから」で片付けられそうな問いに真摯に答えていく森村さんの応答はどれもこれも素晴らしかった。やっぱ美術は面白いな!

2015/08/07 08:00

投稿元:ブクログ

大阪を代表する芸術家、森村泰昌のエッセイ。(のようなもの?)
様々な分野、様々な年齢の人からの質問に答えるという形式で書かれている。
質問は「美術とそうでないものの境目は?」と言った素朴でありつつ、深く考えを回らせられるものまていろいろ。
森村さんらしい回答もたくさんあるけど、美術史に関するコメントなどは分かりやすく的確で、やっぱり森村さんは美術の人なんだなぁ...と実感。

2014/11/05 17:56

投稿元:ブクログ

応答集なので、対談とはちょっと違うカテゴリにするべきだけど・・。
いろいろと美術周辺の概念を再確認出来る。
なるほどと思った箇所は多々あるが、
・日本画は図柄の視座である。
・芸術において失敗と成功は簡単に判断するものではない。
という話には納得した。

4 件中 1 件~ 4 件を表示