サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ツアコン!(宝島社文庫)

ツアコン! みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

はやりのお仕事小説ツアコン編。

2016/04/20 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近はやりのベタな企画小説ですが、面白かったので紹介します。
それにしても軽かったです。するするとページがめくれますので、
読速は2~3倍になるんじゃないでしょうか。
くつろぎタイムの一冊なので、再読は厳しいかもしれません。

五章の連作短編です。
けやきツーリストグループの実験営業所けやきラウンジ。
本社は大量仕入れの価格交渉を武器にしていますが、
けやきラウンジはマンツーマン営業の企画旅行型。オーダーメイドってやつ
ですね。
所長も外部のフリーコンサルタントを当てがい、個性を売りに、
少数精鋭で頑張っています──── というと聞こえはいいのですが、
本社からは閑職扱い。
そのドロップアウト組の見せる面白おかしい旅行顛末記です。

こんな紹介をするとベタさ加減が分かっちゃいますよね。
主人公は何の取り柄もない、どうやら笑顔だけはほめられる南ちゃんって、
テッパン街道ばく進です。エンタメど真ん中なので、気にしないで下さいね。

いいじゃんドジッ子。いいじゃんプチいじめ。
頑張る南ちゃんを、読んでいるあなたも一緒に応援というノリでお願いします。
それでも、物話の筋はなかなか面白いです。
第一章は「ツア困」。困ったお客様と添乗員というアホストーリーでございます。

全般的に先が読めてしまうのが難点なのですが、そこはそれ、
深く考えてはいけません。
南ちゃんがまたしても面倒くさいお客様に巻き込まれていくところ、
にんまりと楽しんじゃいましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/18 06:35

投稿元:ブクログ

個性を活かす。
特技を活かす。
持ち味を活かす・・・。
そして
人を思い、
人に寄り添い、
人に尽くす。

2014/08/18 17:17

投稿元:ブクログ

日本ラブストーリー大賞『さくら動物病院』で、
デビューした相戸結衣さんの、2作目ですね…。
個人的には、前作の続編も期待してたんですが、
本作は、ツアコンを題材としたお仕事小説です。

お仕事小説特有の王道のキャラクターとお話は、
そのまんま娯楽映画の原作になりそぅな感じ…。
奇を衒わず、王道に徹したことが功を奏してか、
とてもいぃ感じにまとまっており、とても好感。

まず、各キャラクターの設定がよかったですね。
それぞれに特徴が明確で、作中での役割も明確。
最後の大騒動の中で、前段までのエピソードが、
うまく活かせており、キャラ殺しになってなぃ。

各エピソードも、そんなにひねりはなぃけど…、
ツアコンの‘コン’を様々な意味合ぃで表現し、
かつ、最後の大騒動にも、うまくつなげており、
楽しぃお話でした…。

日本ラブストーリー大賞受賞の作家さんですが、
本作では、恋愛小話は、少し控えめでしたね…。
このまま素直な作家さんとして、素直な作品を、
どんどん発表してくれるのを、期待したぃな~。

2014/08/23 13:51

投稿元:ブクログ

旅行が大好きな私はとても興味深く読めました。
楽しく旅行にいってもらうために裏でこんなに頑張ってくれてるんだなと。
ここのツアコンにお世話になりたいです(笑)

2015/10/23 07:36

投稿元:ブクログ

主人公の香月南が特別じゃなく、普通の女の子っていうのがよかった。
ありがちなストーリーだけど、楽しく読めました!
けやきラウンジを探しに仙台駅東口に行きたくなりました(笑)

2015/01/18 09:39

投稿元:ブクログ

『日本ラブストーリー大賞』シリーズの作品らしいですが、ラブシリーズですか?まぁ、若干その要素は有るかもしれませんが・・・?

舞台は、3.11の東日本大震災以降の東北の大都市仙台。仙台の風景はもちろん、3.11以降の東北の雰囲気も出てきます。舞台が仙台なのは、著者が仙台の人だからのようです。

面白いことは面白いのですが、もうちょっと捻りがあっても良かったかな。

2014/12/25 17:25

投稿元:ブクログ

ツアコンじゃなくて旅行社で働く女の子の話だった。
旅とは?をテーマに仲間との連帯感あり、ちょっとトキメキもあり、色々なお客さんとの繋がりを通して主人公が成長していく。
お仕事本だけど、うまくまとまってて良かったと思う。
仙台での話なので東北の地震にまつわる話もあったり。
ちょっと若い子目線がアラフォーにはしんどいけど、結構面白かった。

2015/04/19 22:45

投稿元:ブクログ

タイトルと表紙から旅先でのトラブルを解決するツアーコンダクターの話かと思っていたのだけれど、実際は旅行会社で働く女の子がお客様へ提供する旅の内容を考えることで成長する話。
5人だけの小さい営業所だけど、そこまで人間関係は濃くなくでも協力する時は助け合う。ほどよい距離感の職場。
すっごくおもしろい、というわけではないのだけれど、ほのぼのとしたいい話ばかりでした。

2015/09/15 15:01

投稿元:ブクログ

旅行業会のことがよくわかって、ストーリー性もあって面白かった!
仙台を舞台に描かれていたから、仙台に行ってみたい〜という気持ちと、牛タン食べたいという気持ちが溢れてきました。
仕事の醍醐味みたいなことも描かれている、色んな角度から読んで楽しい一冊でした。

2014/09/16 09:36

投稿元:ブクログ

仙台駅東口を中心に話が展開されるので、今の自分の生活とリンクするとこにシンパシーが。

元関西在住から言わせてもらうと、登場人物の関西弁にインチキ多し。

2016/01/18 21:31

投稿元:ブクログ

ほのぼのお仕事小説。個性豊かなけやきラウンジメンバーが楽しかった。新人ツアコン南をサポートするマエストロ中原がかっこいい。南がほのかな恋心(?)憧れを抱く気持ちもわかります。

11 件中 1 件~ 11 件を表示