サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

プログレッシブ税務会計論 「公正処理基準」の考え方

プログレッシブ税務会計論 「公正処理基準」の考え方 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/03/25 00:06

投稿元:ブクログ

法人税法22条4項のいわゆる公正処理基準に関する解説書。序盤で新井、飯野、番場といった先人会計学者の文献引用や企業会計原則の解説があり懐かしかった。受験時代読んだなと。税務会計は、カレーパンがパンであってカレーではないのと同じで、一応会計の範疇に入るそうだ(カレーパンの法則)。しかし、会計でいうところのGAAPと税法上の公正処理基準とは幾分異なるようだ。ただ奥が深く今一わからない。例えば、脱税協力金が公正処理基準(法人税法22条4項)により損金性が否定される理屈について、税務弘報のディベート租税法で取り上げて頂けると助かるのだが。
P261
平成18年度税制改正により、法人税法55条には、不正行為等に係る費用等の損金不算入の規定が設けられた。そこで、この規定が確認的規定であるのか創設的規定であるのかという点が議論になり得るが、上記判例(脱税経費の損金性否定)形成を前提にした規定であるとみることができるため、あくまでも確認的規定であると理解しておきたい。なお、確認的規定であるとするならば、同年改正において所得税法に規定されなかった積極的理由は必ずしも明確ではないように思われる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示