サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

破戒者たち 小説・新銀行崩壊(講談社文庫)

破戒者たち 小説・新銀行崩壊 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/17 13:45

投稿元:ブクログ

【作品紹介】
弱いものいじめに苦しむ中小企業にとって新銀行は救世主になるはずだった。“必殺仕掛人”の金融コンサルティング会社社長の野心を警戒しながら、設立に身を捧げる男たち。だが金融庁対策、資本金調達で困難に見舞われ、当初の理念は地に堕ちる。経営陣の逮捕まで招いた「許されざる者」どもの罪業を描き切る傑作!

【感想】
これを読む前に別の人のレビューを見たのが悪かったのか、つまり偏見が入ってしまった可能性があるが、その人の感想通り、高杉良の個人的好みで、嫌いな人物をボロカスに批判することが目的の作品。
特に同じ経済小説化の「江上剛」のことは、嫌いというより、まったく認めていない感じ。
高杉作品は「当たり」「はずれ」の差が激しいが、残念ながら、今作品は後者の方。
ただ、「日本振興銀行」の設立と倒産までの流れは、この作品であらかた把握することはできる。。

2015/03/09 14:59

投稿元:ブクログ

弱いものいじめに苦しむ中小企業にとって新銀行は救世主になるはずだった。“必殺仕掛人”の金融コンサルティング会社社長の野心を警戒しながら、設立に身を捧げる男たち。だが金融庁対策、資本金調達で困難に見舞われ、当初の理念は地に堕ちる。経営陣の逮捕まで招いた「許されざる者」どもの罪業を描き切る傑作!

2 件中 1 件~ 2 件を表示