サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

笑日韓論

笑日韓論 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

と学会の本にも寄稿する人の書いた馬鹿馬鹿しい事を真面目に書いた本

2015/10/01 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国人が書いた日本や日本人が書いた韓国についての出版物で取り上げられている馬鹿馬鹿しく思えるような事柄も真面目に書いているから、面白い。韓国で出版された「反日本」と昨今、日本で盛ん?に出版されている「嫌鮮本」が合わせ鏡のような存在だと、よく分かる。
 この本には出て来ないが、かつて北朝鮮や朝鮮総連、韓民統あたりの「主張」を鵜呑みにして書かれた「南朝鮮の軍事独裁政権」に対する「批判」や朝鮮民主主義人民共和国賛美の類も取り上げてくれれば、もっと面白いのだが。ある意味、大韓民国をまともに見ないという点では「南朝鮮の軍事独裁政権批判」の類と「嫌鮮本」の類は共通項がある。また、南朝鮮労働党をはじめとする「反党宗派分子」として粛清された人々や金正日が表に手に出る前の北朝鮮の歴史について、ろくに知らない人達が書いた北朝鮮本の類も入れてもよかっただろう。特に南労党の指導者だった非転向者の朴憲永と南労党が取った破滅的な極左路線のたどった運命は韓国現代史で重要な意味を持つ事について、どれも何故か避けているように見える。
 「庶民たちの朝鮮王朝」の著者だけあって、モンゴル史家が書いたので漢文が読めて、それなりには「知識」があっても、朝鮮時代を「遅れた社会」としてインカ帝国に匹敵すると書いているところを見ると、お若い頃に流行ったエーリヒ・フォン・デニケンあたりのオカルト本の「愛読者」だったとお見受けする御友人に意見を拝借しながら書かれたテキトーな「韓流時代劇と朝鮮史の真実」なる奇書が幼稚に思えるのだろう。これでも他の本よりはましなのだが、岩波文庫の「春香伝」の解説を読めば分かるような事を「確かにハングルで書かれた小説はありました。しかし、それが世間に広まったという証拠はありません」と大見得を切る?モンゴル史家を一刀両断にしている。実際、このモンゴル史家は「韓流時代劇と朝鮮史の真実」なる奇書でサルフの戦い(1619(元和五)年)で朝鮮軍が使った鎧に使えるぐらいに朝鮮の紙の質が悪いと書いていながら、その後、水野氏が銅銭について参照している田代和生氏の著書「倭館」(現「新・倭館」)に元和・寛永の頃に朝鮮から日本に輸出していた「白紙、油紙」を読んで「真実の朝鮮紙の真実」について「衝撃を受けた」のだろうか?、そのまま一年後の本で引用していた。
 ただ、ハングルがパスパ文字の影響を受けたか受けてないか、は著者も否定的な見解ながら「パスパ文字を参照した可能性は捨てきれない」と書くので、ここは両論併記でもよかったのではないか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/04 18:25

投稿元:ブクログ

我が家は遅まきながら韓流ブームで、外食はもっぱら韓国料理店、毎日のようにドラマDVDを見ている。そんな状況なので、書店でひときわ目を引く帯(さながら週刊誌の中吊り)の本書は手に取らずにいられなかった。

本書は、「韓国料理店のオモニは親切だし、ドラマは面白いし、向こうにも日本のコンテンツを好きな人たちがいるのだから、徐々に仲良くなれるでしょう」などと薄ぼんやりと考えている私のような人間にとって、かなりショッキングな内容である。

しかし、メディアによる一部を誇張した情報を鵜呑みにし、つい感情的にとらえてしまいがちな日韓関係に対して、論ずる前に事実を事実として認識すべしとの考えは、全くそのとおりで、これに限らず、常日頃から冷静な視点を持つべきと、改めて考えさせられた。

2 件中 1 件~ 2 件を表示