サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

茶会の乱 文庫書下ろし/長編時代小説(光文社文庫)

茶会の乱 文庫書下ろし/長編時代小説 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

とにかく面白い!

2016/01/21 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ませう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも爽快な上田さんの戦闘シーン、奮闘する主人公、聡四郎と妻、紅の愛情溢れる丁々発止のやり取りなど見所が満載です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大奥での試練をどのように克服するか

2014/10/26 21:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大奥に仕える役人の頭である御広敷用人シリーズである。早くも六作目となる。主人公は御広敷用人である水城聡四郎である。水城は以前、御広敷用人の前に勘定吟味役として活躍したシリーズがあった。役替わりで再登場とは上田のシリーズとしては珍しい。毎回毎回せっかく作った舞台装置を壊すのはもったいないというわけであろうか。

 大奥は将軍御台の全般を承る役所である。しかし、本書では将軍吉宗に正室はいない。ということは大奥の主人は不在という異常事態である。そのために、大奥では六代将軍家宣の正室天英院と七代将軍家綱の生母、月光院の暗闘となっていた。

 ここにさらに吉宗の愛妾である竹姫が加わり、江戸城内外で暗殺未遂事件が数回起きている。暗殺の対象は御広敷用人である水城聡四郎である。主人公がそう簡単に暗殺されてしまっては話にならないので、水城は相当の使い手ということになっている。

 登城、下城の際に伊賀者に襲われることもしばしばである。伊賀者は上田の小説でよく登場するが、言わば身分の低い幕府の使用人である。旗本、御家人の格を得ようと必死で働くが、なかなか望み通りにはならない。将軍の後継争いや派閥の暗闘など、闇で活躍するわけであるが、他の武士とは比較にならない高度な身体的な能力を身に付けている割には評価されていない。

 上田はこの伊賀者の置かれた厳しい境遇に光を当てることが多いようだ。一方で、若年寄、老中や大老などのいわゆる官僚の地位とその能力には重きを置いていないように読める。主人公の水城はこれからその幕閣の地位に登ろうとしている若手の官僚である。

 御広敷用人は大奥に仕える官僚である。この用人が大奥での暗闘をどうさばくかで今後の地位が決まってこよう。上田の作品の中で、役替わりで再登場するのはこの水城しかいない。大河ドラマのように水城を江戸城での出世物語の主人公にするのも今までなかったことなので面白いかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/17 14:45

投稿元:ブクログ

竹姫を巡っての陰謀であったのが
月光院と天英院の権争奪戦で聡四朗も
優位にたち、吉宗が旗幟鮮明にした
本格的な攻撃がきそう・・・

2016/06/25 22:25

投稿元:ブクログ

第六弾
続き物は最近読むのが難しい?
以前の物を読み直すのも厄介?
吉宗と竹姫、大奥の女ボス二人、伊賀物も絡み、茶会での結果はどのような波乱を

4 件中 1 件~ 4 件を表示