サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

鬼の戀

鬼の戀 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

読み応えがありました。

2016/05/29 11:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

伝奇もの。
戦後間もない日本の、閉ざされた村に息づく鬼の伝説。
亡き父母の故郷であるというその村から迎えが来て、帰ることになった萌。
母の実家は村の名家桐生家で、村人に神のようにあがめられていた。
祖母や叔母に温かく迎えられるが、従兄である当主の宗一は、萌をさげずみ、冷たく追い出そうとするが、宗一が側に来ると、自分の身体の変化を意識せざるをえない萌。
桐生の家に来てから、淫らでおどろおどろしい夢を続けて見るようになった萌は、内側から変わっていく自分の変化に戸惑いながら、桐生の家から離れることができないでいる。
やがてこの村での萌の役割と、村の恐ろしい秘密が明かされるのだったが…

全体におどろおどろしい雰囲気が溢れ、夜中に読むのがちょっと怖かった。
背後の気配が気になっちゃって。
迫力のある文体で描かれる、宿命を背負った二人の苦しみ。
脈々と受け継がれてきた呪われた血脈。
文字通り自分の片割れと出会った喜びがせめぎ合い、筆舌を尽くしがたい淫靡なエロが繰り広げられます。

伝奇小説としても、とても読み応えがありました。
読後感は、もの悲しくはありますが、やりきれなくはありません。
ソーニャのテーマである歪んだ愛とも言えると思います。
Cielさんの絵が淫靡で美しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/21 13:35

投稿元:ブクログ

蝶毒のシナリオが大好きだったので、丸木さんが書かれているこちらの小説も購入しました。

蝶毒のようなどろどろさを期待していたので、かなりあっさりしている印象です。故に物足りなさを感じました。
宗一は激しい嫉妬心を持っているものの、主人公も宗一も根が純粋でまっすぐな性格だったからかもしれません。

それと二人が惹かれ合うのが前提で書かれているので、気持ちの変化についていけませんでした。もちろん宿命上、多くの言葉を交わさずとも惹かれ合うし、夢の中で兄さまとしてずっと一緒にいたからっていうのもわかるのですが、展開が急だと感じました。

あと宗一の嫉妬深さについていけず、あまり宗一に魅力を感じなかったのもイマイチと思った原因かもしれません(主人公に触れたという理由だけでその男を殺すっていうのはどうかと・・・)

結末は少し意外な結果ではありましたが、納得感のある終わりでした。

2016/11/04 22:22

投稿元:ブクログ

誤爆したごめん。
再度。

面白かった。視点切り替え的な部分も若干あり。
エロスは安定のクオリティで。

ラストは、残酷な昔話のようでありだと思った

2014/10/03 17:38

投稿元:ブクログ

作者さん的にバッドエンドが多いので、どうかなって思いましたけど、ソーニャ文庫っぽく、二人のためなら他はどうなってもいいって感じの歪んだ愛を楽しめました。

戦後すぐの岡山のど田舎で、最初主人公が村に向かうまでにおばさんたちがしゃべる「ぼっけぇ」とか「恐てぇ」で、角川ホラーの岩井志麻子さんの「ぼっけえ、きょうてえ」を思い出しました。方言のきつい田舎って、何かありそうって感じで期待が持てました。

着いた田舎の地主の当主の宗一は、最初から萌を厭っていましたけど、それは鬼の花嫁の最後を知っていたから。目や夢を通してストーカー並に萌を守り、村に来てしまった萌を村から出そうと、ひどい言葉を投げつけるけど、ほんとは自分が楽になるためにも萌を離したくない。そんな宗一の葛藤がなんともいえません。

萌も最初は宗一の言葉に傷つき、村を出ようとしますけど、村人に捕まって、宗一と閉じ込められてからは、一気にはじけてます。お話序盤は村の様子がただならない感じでエロシーンはほとんどないに等しいですけど、無意識に萌を求める宗一の姿は、イラストもあっていて、ドキドキしました。

また、後半閉じ込められてからのエロシーンは、変な道具などは使わず、普通にしてるんですけど、場所や二人の気持ちなどが入って、結構激しいです。

最後は村全体を壊していきますけど、二人さえよければ他の人はどうでもいいっていう感じで、鬼っていう設定に違和感を感じませんでした。

和ものでホラーっぽく、でもしっかりエロもあり。
楽しめました。

4 件中 1 件~ 4 件を表示