サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

俳人菅裸馬

俳人菅裸馬 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2012/03/10 00:00

投稿元:ブクログ

菅裸馬(本名:菅礼之助1883-1971)の孫が書いた本。菅裸馬は俳句結社「同人」の二代目主宰を務めたが、もうひとつの顔として、吉田茂内閣の石炭庁長官、東京電力会長、経団連評議会議長などを歴任した財界人としての顔がある。本書では日本経済の発展の時期の時代背景を紹介しながら、そこに裸馬のその時々の俳句を紹介してる(173句)。交友のエピソードなども、青木月斗、古河虎之助、佐々木信綱、与謝野晶子、昭和天皇、横綱双葉山、石田波郷、武原はん、石坂泰三など豊富に盛り込まれている。現代人が忘れている何か思い出させる作品。読後感が爽快である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示