サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ぼくが見た太平洋戦争

ぼくが見た太平洋戦争 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/02/12 22:24

投稿元:ブクログ

「ぼくらの」シリーズでおなじみの宗田理の著書。
豊橋工廠での太平洋戦争時の学徒動員の様子が描かれている。(著者の実体験とは異なる)
中学生向けに書かれているので読みやすい。想像力はたくましくない方がいい。

あのころは生きるのに懸命で、誰も自ら死のうなんて思わなかった。そんな旨の一文が印象的だった。

2014/11/05 19:22

投稿元:ブクログ

2

「あのころはいじめはなかった」というところは、その前のからかいがほとんどいじめでは…と思った。
また、今の子どもは空腹なんて知らない、という描写も、夏休みが終わると(給食がないから)体重が減ってる子がいる、みたいな現代の格差は知らないかもなあと思った。

全体が語り口調だから読みやすい。三河の大地震、豊橋海軍工廠の空襲と、なかなか取り上げられない、でも被害が大きかったできごとは知らなかった。

恋愛小説を読んだときにこんな世界があるのか、と思った描写、吹き矢やタコツボ作戦で戦えと中学生に仕込んだ軍、「戦争に負けたらアメリカに奴隷にされる」と言われていたこと、当時の中学生を身近に感じられる。

2016/07/03 09:40

投稿元:ブクログ

ぼくらシリーズの宗田理の著作。
筆者の体験談と取材から構成されている。
中学生に語りかけるような文章なのでとても読みやすい…反面少し内容はうすいかも?
最後には現代に生きる中学生へのメッセージがあって、考えるヒントになるかもしれない。

3 件中 1 件~ 3 件を表示