サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/10/07 13:56

投稿元:ブクログ

キーンさんがインタビューに答え、自分の日本語修行だけでなく、先生、テキスト、教え子だけでなく、日本文学をはじめとする学問とのかかわりを語ったもの。インタビュアーは,日本語教育学専攻の東京外大の河路さん。河路さんがインタビュアーを引き受けるきっかけになったのは、キーンさんが使っていた長沼直兄のテキストが、長沼学校から東京外大に寄贈され、それを整理していたことからだそうだ。この長沼学校、ぼくは1980年頃日本語教育学会の研究例会で発表をしたあと、そこの浅野鶴子先生という方に案内され訪れ、紀要までもらったことがある。浅野先生にはとてもかわいがっていただいたが、その後ご無沙汰しているうちにお亡くなりになった。閑話休題。キーンさんという人は好悪をはっきり言う人だ。出会ったテキストでもよくないものはよくない、先生でもこの人は立派だ、この人はだめだ、ということをはっきり言う。テキストの中でとりわけキーンさんの日本語修得に大きな影響を与えたのが、上で述べた長沼直兄がつくったテキストだった。このテキストの特徴は、日本文とともに最初から漢字が出てくることだ。外国人の日本語教育ではまずローマ字で基礎を教えて、ある段階になってから漢字が導入される。こうすると、会話力は伸びるが、漢字を導入した段階で、スローダウンしてしまうと言う。これはおそらくキーンさんたち日本語が大好きで勉強熱心な学生を相手に使ったからこそ成功したのではないだろうか。中国語の世界でも倉石武四郎さんなどは、日本人が目に頼りすぎる、ことばは音であると言ってローマ字による中国語テキストを編み、日中学院などで使ったことがある。のちに、長谷川良一さんらが批判して、今の漢字にピンインというかたちになった。ぼくは日本人のように漢字を知っている人間には最初から漢字を導入するのが理にかなっていると思う。もっとも、キーンさんも最初会話はできなかった。いや、当時キーンさんが学んだアメリカの海軍日本語学校では、会話よりも(会話は日系アメリカ人や日本からの帰国子女たちにできるものがいた)戦死した日本兵の残していった日記、文書を読むことの方が大切だった。だから、だから、そこで教えられた漢字も行書なのである。今日楷書に慣れきった私たちには理解しがたいことだが、昔の日本人は(今の中国人のように)行書を書くのが基本だった。耳だけで日本語を覚えた日系アメリカ人はしゃべることは得意でも漢字が読めない。行書ならなおさらだ。(これは、アメリカからの帰国子女を見てみればわかる)キーンさんたちの出番である。キーンさんは語学が好きで、中国語、フランス語だけでなくいくつもの語学に挑戦している。朝鮮語などは、ケンブリッジ大の朝鮮語講座の設立の基礎をつくったほどだ。キーンさんたち海軍日本語学校で学んだ人たちは多くの立派な日本人の恩師に恵まれた。だから、捕虜を扱う際も決して虐待したりせず尊重して接した。したがって捕虜との友情も生まれた。これは、海軍日本語学校がかれらに軍事を教えず、ただただ日本語学習をやらせたことによる。陸軍だったら事情はもっと違っていただろう。日本と比べればその差はさらに大きい。だから、日本人を好きになり、日本を愛し、最���には日本人になったのである。キーンさんは中国語やフランス語を勉強し、どの道を行くか迷ったことがあった。そんなとき、かれの恩師たちは、日本語はアメリカでは少数だから、日本語をやるべしとかれを押したそうだ。中国語は最初『論語』からはいったが、ギリシア哲学等を学んだキーンさんには、これは親孝行すべしとかあまりに当たり前のことが書いてあって面白くなかった。のちに本当に中国語を専門にしようと思い『紅楼夢』を読むがこれも面白くない。ついていた先生にそれを言うとその先生も、君は日本文学をやるべきだと、またまた後押しをしてくれた。先生方も偉い。これはアメリカのプラグマティズムによるのかもしれないが、なにをやることがアメリカにとって、キーンさんにとって有益かをみんなわかっていたのである。もっともキーンさんは『荘子』や杜甫には興味を覚えたらしく、こうした書物がかれの日本文学の研究にも影響を与えた。キーンさんが日本文学の英訳に精力を注いだのも、日本文学者と同じことをしていてはかなわない。それより、それをより美しい英語に訳し、英語のわかる人々に日本文学のよさをわかってもらうことの方が大事だと考えた。英語圏での第一人者になれというわけである。これは外国文学、外国語学をやる者にとっても言えることだ。外国人と競い合っても仕方がないのである。本書にはキーンさんを恩師とする弟子たちの思い出話も収められ、キーンさんという人を多重に見ることができるようにもなっている。

2014/10/12 08:28

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。
http://boketen.seesaa.net/article/406862574.html
日本語・日本文学研究の第一人者、文化勲章受章者、東日本大震災後に日本国籍取得。とんでもないほどの日本贔屓のひと。
長いインタビュー、あとがきの最後の一行は次の言葉でむすばれている。
「あの戦争で日本は負けたが、日本文化は勝利を収めた。これはわたしの確信するところである。」
うーむ。
日本人でこういうことを言う人がいれば「大丈夫か」と心配になるが、ドナルド・キーンがいうと迫力だなあ。

2015/06/17 23:00

投稿元:ブクログ

あの戦争で日本は負けたが、日本文化は勝利を収めた。これはわたしの確信するところである。

「松風」幽玄の能

「やまと歌は、人の心を種として、万の言の葉とぞ成れりける。」『古今和歌集』

「遍参」(へんざん)仏教の修行僧が一つの修行場から次の修行場に渡るのはごく普通のこと。

海軍日本語学校 語学兵 日記文化

「世界に平和が維持され、全人類が互に共同して文化の進歩の為努力することは極めて望ましいことである。」『国防』
「」

3 件中 1 件~ 3 件を表示