サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

サッポロ無職グラフィティ(メディアワークス文庫)

サッポロ無職グラフィティ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/09/28 04:52

投稿元:ブクログ

帯が「この街に仕事はないのか!」で、タイトルが「サッポロ」。表紙はススキノ交差点。
なので、札幌の某書店では新刊のとこに平積みされてました。その勢いのままに買った。

んんー。もうちょっと執筆に時間をかければもうちょっと良くなったのかなという印象を受ける。

あと、作家さんというよりも出版社に対してだけれど、ちょっと誤字脱字が……多いかな。
初版で買うと誤字脱字が1つ2つあるというのはたまにあることだけれど(それでもさすがに歴史ある出版社はそういうことが少ない)、3つ4つ見つけたあたりで残念感が漂い、5つ6つ見つけたあたりで苛立ちを覚える。これは私の職業柄か。
いや、でも誤字脱字は文章を読む上でかなりのノイズになる。そんな余計なところで読者に引っかかりを与えてはいけないと思う。
ちなみに1つは作家さんのミスによる誤字かと思われ。
作中に「創世川(そうせいがわ)」が出てくるが、正しくは「創成川」。地図までつけて地名を全て実名にしてるのに、漢字間違えたら意味が無い。

肝心の内容はというと、ちょっと登場人物のキャラ立てが弱いかなと感じた。勢いで読ませる、街を駆け巡る系のドタバタ劇ならば、キャラクターはもう少しデフォルメされていたほうが頭に入りやすい。一人、「レズの女装男」はわかりやすいけれど、それもその強烈な設定の割には作中にそれが活かされていないように思う。わかりやすいというのは、彼女(彼?)だけが女言葉で話すからだ。何でも屋社長の「雑なあだ名呼び&雑な口調」だけが突出していて、それ以外は特徴が薄い。

ストーリーそのものは面白く読んだけれど、札幌の地理がわかるからという地元点が加算されているかもしれない。
ただ、あらすじは悪くないと思う。もうちょっと丁寧な肉付けがあればもっとよかった。肉付けが不十分なせいで、読者が騙されるべきポイントに、読んで不自然なニオイがする。「ははーん、ここに地雷が埋まってるな」と、2年目の工作兵でも見抜けそうなニオイが。もしくは、塑像を造った後に、微調整したパテの色がちょっと違うみたいな。

あと、主人公、モラトリアム過ぎ。仕送りもらってる大学中退者が「就活とバイトの両立厳しいわー」とか言っちゃだめ(笑)。しかも15社くらいで。ネットエントリしてなくても、中途採用なら数十社受け続けるだろ、生活かかってるなら。

そしてもうひとつ気になったんだけど……「内定」って言葉に囚われすぎじゃないかしら。もちろん、中途採用でも「内定」はあり得るけれど、基本的には「内定」って、新卒者向けの言葉のように感じる(新卒者においては「卒業後に働く」で、中途採用だと「始期が定まっていない」状態の通知のようです)。
既卒者や転職者で中途採用狙いであれば、内定よりも採用通知をもらうパターンのほうが多いような。「内定が出ない」と繰り返されると、「え。採用されてから働くまでにまだモラトリアムしたいの?」と思っちゃう。そんな重箱の隅つつくの私だけか。

ただ、「無職」を集めたのは面白かった。
そして、札幌の詳細な街なかを舞台にした小説は少ないので、それも良かった。
誤字脱字が無ければもっと良かった。

2014/12/23 20:02

投稿元:ブクログ

札幌を舞台にした群像劇。伏線の張り方や物語のひっくり返し方はなかなか巧妙で評価できるけれど、読み手をワクワクさせるような魅せ方とか題材の選び方ができていない気がする。

2 件中 1 件~ 2 件を表示