サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

明治天皇という人(新潮文庫)

明治天皇という人 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/08 13:05

投稿元:ブクログ

なかなか読み通すのが難しいほどの厚さになってる。ただ、これを読んどくとほかの歴史小説もより楽しめるかなと思う。

2014/12/05 09:03

投稿元:ブクログ

明治という時代史は多く書かれるが、明治天皇個人については語られることが少なく、遠い存在の人のように思われがち。しかし、瞬間湯沸かしのごとく怒り、嫌い、頼り、そして年齢とともに弱気になり、拗ねる人としての存在を浮き彫りにしてくれた大著。西郷・大久保・岩倉を頼り、その後は当初はぎくしゃくしていた伊藤を頼ったが、大隈・陸奥・黒田らを嫌ったとのこと。西郷の病気を思いやり、桂太郎の愛人のことを「美人か?」と聞いたり、諸葛孔明・楠正成が好きで、南朝正閏論の立場を天皇自身が選んだ!西郷の銅像を許可したのもこの人。203高地攻略に苦労する乃木更迭論に対して「乃木を替えると、彼は死ぬぞ」と語ったとは、忠臣・乃木との深い関係も感動的なほど。血と肉を持った人であることが身に染みる。10万首にも及ぶ和歌は日本文化の体現者でもあったことを示している。北一輝が「国民国家を目指してが、天皇制国家に変質している!」と明治時代に警鐘を鳴らしていたとの記述があるのは全くの驚き。
岡倉天心の「茶の本」の言葉が面白い。「彼らは日本が平和な文芸にふけていたころは野蛮国と見なしていた。しかし日本が満州の戦場に大殺戮行動をおこしてからは文明国と呼んでいる」

2 件中 1 件~ 2 件を表示