サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/11/02 11:14

投稿元:ブクログ

いくつか読んだことあるのが多かったかな。
実はガリレオシリーズ読んでないので
もっと読んでみたくなった。

2014/12/31 15:18

投稿元:ブクログ

綾辻行人によって選ばれたミステリアンソロジー。新旧取り混ぜた名作揃いなのは間違いありませんし、それぞれに違ったテイストの作品が読めるのも魅力。
お気に入りは唯川恵「過去が届く午後」。……これ、ひたすらに怖い!じわじわと迫りくる恐ろしさです。でもどこかしら哀しさもあるなあ。こんな悔やみ方はしたくないものです。
泡坂妻夫「砂蛾家の消失」も好き。確かにこの中で一番古い作品だなんて思えないなあ。

2015/12/30 23:08

投稿元:ブクログ

1978.1988.1998年それぞれのベストミステリーを、あの綾辻氏が更にセレクトしたアンソロジー。面白くない訳がありません。短編集なので、各作家さんの魅力が圧縮されていて、何を、誰のを読もうか探されている方にもオススメです!

2014/10/02 15:03

投稿元:ブクログ

鮮やかなのは泡坂妻夫「砂蛾家の消失」、ハラハラしたのは歌野晶午「ドア⇄ドア」、怖かったのは唯川恵「過去が届く午後」(タイトルが少々残念だ、もっと含みがないほうがよかったような)と都筑道夫「日光写真」。

2015/03/09 17:11

投稿元:ブクログ

名作は読み継がれ、その神髄は受け継がれる。好評推理短編アンソロジー第九弾の案内人は言わずと知れた本格ミステリの旗手・綾辻行人。一九七八年、一九八八年、一九九八年のベストセレクション。宮部みゆき、東野圭吾、泡坂妻夫……名手が選んだのは、豪華そして華麗なる作品群。心ゆくまでお楽しみ下さい。

5 件中 1 件~ 5 件を表示