サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

キャットニップ 1

キャットニップ 1 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

泣いたり笑ったり

2015/10/05 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JM - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者大島弓子さんの猫との生活あれこれを描いた短編集です。
猫を亡くす話で涙し、楽しそうな毎日に思わず笑ってしまう、そんな本でした。やたらにかわいすぎない絵も魅力的です。
猫好きの人には、そうそう、あるある、と楽しめる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねこ沢山

2015/08/25 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとじゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自称動物好き、でも実は自分の飼い猫や犬だけを溺愛する人は結構いるけど、生きとし生けるものに愛情をそそげる人はなんて尊いのでしょう。
作者が野良猫さんの遺体を抱きしめるシーンは泣けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつか来る日のために

2015/02/04 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

グーグーを亡くしてからの大島さん家の日常は相変わらず賑やかです。
愛して止まない猫と別れなければならない日が必ずやってきます。それを愛情を交えつつも冷静な観察眼を失わない大島さんのように自分は見送ことが出来るのか、19年間一緒にいた猫が病気になり思ったことです。
大島さんのよう見送れたならどんなに良かったかと思う最期になってしまいましたが 読んでおいて良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねこにささげる真心

2016/09/05 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

サバちゃんグーグーとの生活も読んできて遅ればせながら『キャットニップ』をやっと読みました。先月まで我が家のワンコの老犬介護をしていて、リアルに老いと向かい合い、いつかくる日を恐れ覚悟し続けている中ではとても読めなかった一冊。大島さんは凄い。猫たちのすべてを受け入れて見返りなんかもちろん求めてないし、ひたすら目の前の猫たちの心配をし、挙動に一喜一憂している。大島さんのこれらのシリーズは動物と共に暮らすことの大変さと楽しさが詰まっているなと思う。産まれてきた命に常に精一杯向き合う姿に脱帽している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫たちとの別れ

2014/12/05 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomyam0702 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きだった『グーグーだって猫である』の続編ということで、大喜びで手にしました。確かに、前作と同じ猫たちとの日常が、少女漫画家として抜群な能力の持ち主である大島さんならではの、優れた筆致で描かれているのですが、『グーグー』では子猫が育つプロセスが主であったのに対して、こちらでは、老いや別れがどうしても多いので、ちょっと悲しいです。自分が飼い猫と別れる日が来たら、「エアーなでなで」をするのだろうか、とか悲しく想像したりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/09 09:23

投稿元:ブクログ

(2014.12.09読了)(2014.12.08拝借)
うちのかみさんが猫好きで、大島さんの「グーグーだって猫である」のファンなので、「グーグー」の続編が出たといって買ってきて読んで廻してよこしました。
しばらく寝かしてしまったのですが、やっと手に取って読みました。
漫画エッセイですので、大島さんの身の回りにいる猫たちの話題がたくさん取り上げられています。家のなかで飼っている猫もいるし、庭にやってくる猫もいます。
猫によって性格が違うし、いろんな病気に苦しんでもいるようです。
うちにもかみさんが飼っている猫が、三匹いるので、よくわかります。
病気については、うちの猫はまだ余りかかっているようではないので、大丈夫そうです。
大島さんの関わっている猫は、だいぶ亡くなったりもしているようです。猫を飼っている年季がうちなんかとだいぶ違うということでしょう。
猫好きの人は、大島さんと一体になって喜んだり悲しんだりできる本だと思います。

【目次】
1 タマの日
2 クロ
3 ケア
4 寒さ対策
5 トラ
6 ガスマスク
7 16年の不思議なできごと
8 2012年6月のビー
9 猫のフード
10 ふたたび ごはんの風景
11 なっちゃん病院に行く
12 ビーのPTSD
13 みず・ごはん・おしっこ・うんち
14 金針水晶(ルチルクオーツ)
15 ルチル逝く
16 ビーとルチル
17 ヤン君
18 虫歯・口内炎・歯周病
19 ビー16歳の異変
20 おしっこふとん
21 リボン茶とらねこ
22 ウリちゃんの趣味
23 ナイチンゲール
24 ビーの添い寝
25 ノラ猫の冬仕度
26 なっちゃん どうしらいいの
27 グーグーのツメとクロのツメ
28 お泊りヒゲちゃん
29 虫歯?
30 夜中のトイレ
あとがきマンガ

☆関連図書(既読)
「秋日子かく語りき」大島弓子著、角川書店、2003.12.25
「グーグーだって猫である5」大島弓子著、角川文庫、2013.07.25
「グーグーだって猫である6」大島弓子著、角川書店、2011.09.30
内容紹介(amazon)
『グーグーだって猫である』待望の続編登場
喜びと悲しみ、生と死はいつも隣り合わせ――。
今は亡き〈グーグー〉と〈テンミケ〉、そして〈クロ〉。左目の視力を失った〈タマ〉、グーグーのまねをする〈キジタロー〉、二重人格の〈トラ〉、トイレを失敗しない〈ビー〉……個性あふれる猫たちと交流する日々をやさしく(ある時は厳しく)描いた、傑作コミックエッセー。
大島家の猫は、現在、家猫11匹、周りにいる外猫は5匹。新シリーズ、待望の第1巻!
*〈キャットニップ〉とは猫の好きな草の名前。

2014/11/15 12:47

投稿元:ブクログ

大島先生の猫話なんだから読まないわけには行かないけれど、十二匹ともなると、うーん、あまりに大変そうで、ちょっとつらい。サバが懐かしいなあ…。

2014/10/16 21:14

投稿元:ブクログ

いつの間に大島弓子さんは
こんなにたくさんの猫たちと暮らすようになったの
と驚きながら、猫たちとの生活を
楽しく、しかし大変だなぁと感心しつつ
読みました
ちょっと前に読んだ
『それでも猫は出かけていく』の
ハルノ宵子さんもそうだけど
好きじゃないと出来ないよ、そこまでというほど
お金も時間もかかるし、気持ちも消耗しそうだけど
それでも猫と一緒にいる生活を自ら選んでいるような
清々しさも感じて、すごいなぁ、すごいなぁ

2014/09/25 08:23

投稿元:ブクログ

全ては「綿の国星」から始まったのです。

小学館のPR
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093883832

2014/10/12 19:21

投稿元:ブクログ

この作品や大島さんのネコの飼い方を悪く言う人もいるみたいだけど、大島さんの全盛期のマンガを読んでいない人はあれこれ言わないでほしい。
これは、猫漫画(このジャンルしか描いていないマンガ家もいっぱいいるけど)じゃないから。
大島さんがいかに感性豊かで繊細で深い優しさがあるかを知っているファンだけが読めばいいの。
知っていれば、大島さんがどうしてこういう行動をとるのか納得できるから。
できれば、普通のマンガも描いてほしいけど、ネコのエッセイマンガしか書く気がないのなら、ファンとしては強制できるものではないし。
大島さんには生きていて、描いて欲しい。

10 件中 1 件~ 10 件を表示