サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方(光文社新書)

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.2

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

電子書籍

「You Tubeとは秀逸なネーミングであった」

2014/09/03 10:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:fotobiginesu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブログアフィリエイトの収入で生計を立てている筆者による、web動画を使った新しい
「仕事のカタチ」論。ひとこでいうと、力作。
amazonでどなたかもレビューしているように、タイトルはビジネス書風を装いつつ、
中身はネットで稼ぐ、いわゆるノウハウ書ではない。本書の最後では「YouTubeで大き
く稼げるというのは、絶対に違う」とまで書いているくらいだ。

けれども稼ぎ目的の方でも一読の価値はある。web動画という、マネタイズが始まった
ばかりの(特に日本では)世界規模の新規ビジネの萌芽全体像が、円満な筆致で分かり
やすく解説されている。
ここから読み手のセンス次第では商売の発想をいくつも掴み取ることができるであろう。
その意味では触発的な内容に満ちており、本質的な意味においての「ノウハウ書」である。

本書では、近年の動画及びwebコンテンツをめぐる豊富な事例検証と傍証とによって、
Tubeをはじめとする動画投稿サイトの「今」を多角的に浮き彫りにしようと試みられており、
うちに徒歩で帰宅するだけ様子をiPhoneで撮っただけの6秒動画シリーズなど、企画や発想
の斬新さ、プラス、ライブ感がモノをいう世界だと認識させられた(今さらですがw)。

また、ひとりプロダクションというか真の独立系というか、とにかく他からの干渉が少な
なく(立ち上げ時には)、「自分自身のすべてがwebコンテンツ」という生き様が、そのま
まコンテンツになりうる魅力は、テキストベースの従来のサイトとはまた違ったアクティ
ブ感がある。

「作業でなく『ホントの仕事』をしたいなー」などと、日頃から(偉そうに)考えてる僕
にとって、本書は2014年のどんなビジネス書にも負けない、本質を突いた仕事論になっ
ていると感じた。

仕事論の文脈では、本書中盤に紹介されるMEGWIN(芸人からスタートしたプロ・ユーチュ
ーバー)のインタビューが、「自前の旗を振る」ことこそが仕事という含蓄を含んでおり、
特に興味深かった。
他の現役プロ・ユーチューバーのインタビューもそれぞれに良く、みなさん紆余曲折を経て、
現在に至っているのが興味深い。そして恐らくはその現在すらまた、変動のただなかにある。

ソクラテスもプラトンも、み~んな悩んで大きくなったのだった。

動画発信という新しい芽吹き。流転しつつも伸びる一方という分野のリアルを、十分に
感じさせる好著。文章も達者で最後には建築的な意見で締めてあるのもよかった。
(上から目線ですみません笑)

さっそく僕も一本動画撮影したよ。小さな一歩の始まりです笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/26 16:06

投稿元:ブクログ

動画投稿人生を推奨しているが、いろいろなハウツーの寄せ集め的な感じはある。
面白いと思うが、結局Youtuberも「消費」されているんだなとわかる。

2014/11/21 07:07

投稿元:ブクログ

(アナリティクスを最大化とは?)……女子高生のファンが多いのに高性能シェーバーをお勧めしても意味がありませんし、仮に、もしそのように異なる視聴者層に多く見られたとしたら、それはそれで何か理由があるはずです、動画の視聴者層をこまめにチェックすることは、ちゃんと狙ったところに投下できているか、はたまた予想外のウケ方をしていないか知ることになるのです。
(動画は稼げるの?)……ごく一部の成功者だけを祀り上げ、メディアではブームを煽ったりしますが、それに続く成功者がつぎつぎ出現しているという話は聞きません。芸能人や経営者と違い、失敗してしまった人たちが注目を浴びることもなく、貴重な失敗談を聞くこともまずありません。
[ ](プロの作った映像を堪能できいる「Vimeo」とは?)……Vimeoはプロの映像作家からの支持が厚く、クオリティの高い作品が投稿されています。また規約上も、完全に自作のオリジナル映像をアップロードすることが定められており、プロやハイアマチュア層のクリエイター向けと言えます。
(「承認制」にするメリット?)……「どうしても雑音が入るので承認制にしました。その結果わかったのですが、承認制にしているところにわざわざ罵詈雑言を書く人はいません。最初から相手にしてくれないとわかっているのでしょう。あとは、口汚く書かれたコメントも意見のうちなのか、あるいはただ荒らして楽しんでるのか、振り分けるにもよい方策だと思います」。

2015/12/15 16:26

投稿元:ブクログ

よくYouTubeを見るので、編集など裏側が伺える。確かに見やすい動画。意図の見えない動画なんかある。人に見てもらう工夫。へーなるほどなこともありました

2015/10/11 23:28

投稿元:ブクログ

いわゆる、ユーチューバーについての本。自分はこういう動画を全く見たことがないのだけど、一時期あちこちで広告を見たので、印象には残っている。
驚いたのが、視聴者側だけでなく、ユーチューバー自身も子どもが増えているということ。4,5歳の子どもがお気に入りのトミカや食玩を紹介する動画なんてものがあるんだとか。遊んでるならともかく、紹介って……。すごいな。
ヒカキンという人は確か、スマスマで見た。25歳と思ったより若くて驚いた。まあでも、ニコニコ動画だともっと若いうちから活動してる人もよくいるし、そこまで驚くことじゃないか。
予想はしてたけど、そう簡単には食べていけないそう。そりゃそうだろうなぁ。

2015/12/02 16:39

投稿元:ブクログ

ユーチューブで食べていくこと。。これは現在は非常にハードルが高くなっていると思いますが、プロモーションの一貫として動画を活用するということは効果が高い手法でもありますし、マーケティングとして必要なことですね。

2015/04/01 12:29

投稿元:ブクログ

今や多くの人から認知され、利用している人も多いYouTubeやニコ生等の動画投稿、閲覧サイト。

そこにみんなが興味をもつような動画を投稿し、再生回数に応じて利益を生み出したり、広告やバナーを貼り付けて収入を得るという「YouTuber」と呼ばれる人たちの生き方や考え方、どうやって動画からお金を稼ぐのかを紹介した一冊。

著者は「ジェット☆ダイスケ」という名前で主にデジタル商品のレビューを投稿している。
本書には、日本YouTuberの中で一番の人気者で、ヒューマンビートボックス(口を使って、ベース音やドラム音などさまざまな楽器の演奏を一人で再現するテクニック)の達人の「HIKAKIN」さんや、プロレスラーで炎上狙いのヒールキャラを通す「シバター」さん、新しい形のドラマをYouTubeで発信し続ける「劇団スカッシュ」さん、事務所には属さず、YouTubeと舞台を繋げる芸人「MEGWIN」さん、時事ネタを独自の視点で紹介する「アリケイタ」さん、オンラインストアのような販路をYouTubeに見いだした「AppBank」さん、ありとあらゆるカレーをまったりとした頻度で発信する「飯塚敦」さんのインタビューも盛り込まれてあって、実際にYouTuber(本人にその意識があるのはわかりませんが。。)として活躍されている人の考え方も様々で勉強になった。

YouTubeへの投稿を仕事にして、それ一本で生活していける人はほとんどいないのが現実だけど、自分のブランディングやお小遣い稼ぎ、収入源を増やすという点から見れば、かなり現実的なものと思う。

地道に続けている拙著(というのか?)、ブログ『せないかんめーもん!』http://antenatakaku.blog.fc2.com/と並行して、YouTubeでも動いてみようと思う一冊でした。

YouTuberデビューしましたら報告しますので、そちらもぜひよろしくお願いします♪

2014/11/24 12:46

投稿元:ブクログ

YouTubeで、商品のレポートをメインにしている人が増えてきていますが、その中の一人と言える著者。中にはこのYouTubeで成功して稼いでいる人が居るのも事実ですが、それ故にそのイメージだけが先行している感も。ユーチューバーである著者が、自らの経験を振り返って、その世界を詳細に紹介。

2014/11/29 19:56

投稿元:ブクログ

インタビュー7つ
①HIKAKIN
②シバター
③劇団スカッシュ
④MEGWIN
⑤アリケイタ
⑥APPBANK
⑦飯塚敦

2014/12/11 17:32

投稿元:ブクログ

今Youtubeで食えている人は何年も前からコツコツやってきた人。マックスむらいは4人のライター付で動画作成している。どうしても英語のトラフィックが多いため日本で食べていくのは難しいと思う。

2015/04/08 16:52

投稿元:ブクログ

 ユーチューブにて動画を公開して報酬を得るというしくみ
について。代表的なユーチューバーの活動状況。今後の
ユーチューバーや動画サイトの方向性など。ユーチューブと
ユーチューバーを取り巻く世界をわかりやすく解説した本。

2015/05/28 13:08

投稿元:ブクログ

正直安っぽいアフィリエイトを勧める内容なんだろうと思っていましたが、過去にあったユーチューバーの事例を交えながら、近年流行している動画の世界を紹介していました。
若年層への対応が意外にもネックになっているケースがあったり、他人の表現方法(キャラ設定など)を採用するなど、若者に愛されるメディアだからこそ、中途半端なユーチューバーが出現している現状は、どうにかならないものでしょうか。

著者は実際に動画で飯を食えている人ですが、お金儲けや有名になりたい願望を念頭に動画を投稿すると、基本失敗するだろうと述べています。
動画で成功するためには、まずは視聴者を楽しませたいというサービス精神から入ることが重要だそうです。

2016/04/09 21:16

投稿元:ブクログ

レビュー動画で有名な人のようです。
動画は最初のつかみが大切。
最適な長さは90秒。
タイトルとサムネイルは重要。
ユーチューバー何人かのインタビューが載っています。
①HIKAKIN
ヒューマンビートボックスの達人
2007年から動画UP月1回~2,3ヶ月に1回。
2010年スーパーマリオのヒューマンビートボックスでブレイク。
②シバター
炎上キャラ(人を嫌な気持ちにさせて炎上させる)
③劇団スカッシュ
5分間のショートドラマ
④MEGWIN
コメディー
⑤アリケイタ
最新ニュースをコンパクトにまとめて紹介
⑥AppBank
レビュー動画
⑦飯塚敦
カレー専門店の取材・紹介

ブログで記事を読む人は動画を見ない。
チャンネルで動画を見る人は記事は読まない。

これからは何を撮るから誰が撮るが重要視される。

13 件中 1 件~ 13 件を表示