サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

日本民俗学の父柳田國男が観た死後の世界

日本民俗学の父柳田國男が観た死後の世界 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/30 22:53

投稿元:ブクログ

民俗学の父、柳田國男氏の霊験。全体として、現代合理主義の行き過ぎを批判し、神秘的な要素が必要であるとする。その点で唯物論には反対する。
 ・切られた馬の首が娘と一緒に天にのぼった「オシラサマ」伝説
 ・大川総裁も河童の霊に遭遇したことがある。柳田氏によると、河童は水棲人の一種。
 ・天狗小僧寅吉の話は、「幽体離脱?」
 ・人間が住宅などを建てることで、行き場を失った妖怪たちが起こすのが心霊現象
 ・消えていく民間信仰を「民俗学」という形の記念館に残そうとしている
 ・妖怪も転生輪廻する。荒俣氏は妖怪を研究する妖怪、また鬼社長のような者は鬼、超能力系統・サーカス・囲碁や将棋のプロ、さらにはチャートで株価分析を行うプロなどには仙人や天狗が多い。相手をだますことに罪悪感を感じない政治家等は狸・狐。
 ・首が胴体から離れる「ろくろ首」は、情報などを欲して幽体離脱などする生霊の姿か(?)
・柳田氏の前世は平田篤胤であると明言

大川先生の本を日頃読む読者からは、「興味深い」内容であり、「物足りない」内容でもあった。
 「興味深い」のは、大川先生の説かれる教えの次元からして、周辺部分や底辺部分の教えがまだよく分からなかったからだ。「物足りない」のは、柳田氏の考えは神秘主義にやや傾倒しており、心の教えに欠けているように感じたからだ。知識として用いることができる本である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示