サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

銭の戦争 第6巻 恋と革命と大相場(ハルキ文庫)

銭の戦争 第6巻 恋と革命と大相場 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/10/16 23:52

投稿元:ブクログ

世界大戦相場―――
狂介は冷静に“買い"の姿勢を続け、裏では徹底的に岩本栄之助を追い詰めていた。
結果、全財産を注ぎ込んだ栄之助は自ら命を絶つ。
一方で、伊藤博文が率いた奇兵隊の隊長・赤根早人は、闇の帝王・結城次郎の魔の手を阻止するべく、フロイトによる精神分析治療を受けていた。
しかし早人の背後には伊藤を殺めたラスプーチンの影が・・・・・・・。
激流の大正時代、“一寸先は闇"の相場世界に生き翻弄される男たちを描くシリーズ第六弾!

2014/09/15 19:31

投稿元:ブクログ

一冊がそれほどボリュームも無く、サクッと読めて、ほどほど面白いシリーズ。
株式市場、近代日本の歴史と文化、または料理レシピや茶道の世界など切り口が数多い。
ラスプーチンと闇の社会については、多少どんなものかという感はあるが、まあな〜と思うところ。

2016/03/21 19:00

投稿元:ブクログ

第一次世界大戦中に起きた史実に基づくエピソードが盛り込まれており、大変勉強になりました。史実と虚構が入り混じったスタイルですが、違和感なく楽しむことができます。

2014/09/24 12:46

投稿元:ブクログ

感想は難しい。まだ物語が終わっていないということもある。一方では今まで通りの面白さが続いていると思った。もう一方では物語が間延びしているとも思った。全て完結してから読み始めたかった作品である。なんにしても次巻が楽しみだ。

4 件中 1 件~ 4 件を表示