サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

hontoレビュー

The call of the wild

The call of the wild みんなのレビュー

  • Jack London, retold by Nick Bullard, illustrated by Paul Fisher Johnson
  • 出版社:Oxford University Press
  • 発行年月:c2008
  • 発送可能日:購入できません

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2013/08/30 23:30

投稿元:ブクログ

【Impression】
こういう時の犬って使い捨てなんよな、北極か南極かでも似たような話があった気がする。
今もこうなんやろうか?

犬同士で教えあうということがありうるのであれば、使い捨てにすることはまず効率が悪い事になる、のか、そりを引く程度のことであれば新しく犬を買う方がいいんか?いや、新しく買う代金とか、その犬の特性を掴むまでの期間、他の犬との連携、とかもコストとするなら微妙やな。

こうやって損得勘定で考えてしまうのは、非常に悪い癖だと最近思う
【Synopsis】 
●北アメリカアラスカ近辺に金山がある、ということで彼等はこぞって北へ北へ向かう。その際、犬が必要となるので当時は犬の窃盗が頻繁に発生しており、主人公である犬もそうやってそり引きの犬にされた一匹である
●数々の旅を経験し、5000キロ以上も旅をした。そして彼は賢く強いという噂が広まり、それにより自身の主人に大金を齎すことにも成功した。また、犬内でのリーダー争いにも勝利し、名実ともにトップ犬となる
●次第に、彼は奇妙な夢を見始める。自分が野生の犬として生活しているというものである。徐々に野生の血が芽生えていることを、彼以外誰も気付かなかった。そして事件が起こる。
●彼の主人達が何者かに殺された。イヌイットである。それを見た彼はイヌイットのもとに向かい、次々と殺害していく。遂にイヌイットを駆逐。次に彼は狼の集団に襲われるが、それも次々と駆逐。遂に犬でありながら狼の集団のトップとなる。その姿は伝説となり、金色の狼が群れを率いているというものだった

1 件中 1 件~ 1 件を表示