サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

日中演劇交流の諸相 中国近代演劇の成立

日中演劇交流の諸相 中国近代演劇の成立 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

まだ自由だった民国初期の様相が見える。

2016/08/23 10:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:照月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新後は、中国では清末民国初期に当たり、非常に多くの中国人が日本に留学していた。

その実情は、実は、文明開化に成功した日本を学びたい、という目的と同じかそれ以上に、「文明開化により日本に流入して来た西洋の学問を日本で学びたい」という目的の留学生が多かった。

(西洋に留学するより安く済むだけではなく、既に日本語訳された時点でかなりの部分が漢字になっており、中国人には原文読むより楽である)。

演劇は西洋から日本に渡り、その後帰国した留学生が中国に持ち帰り、大きな影響を与えた。特に「椿姫」は、日本でも中国でも設定を自国人にして上演し、人気を博した。

この時期の中国は「演劇改良論」が展開された背景には、伝統演劇が厳しく批判されたこと、また演劇の社会的効用が高く評価されたことがある。

要は演劇を、国威を上げる為に利用しようとしたわけだが、中国には当時の特殊事情がある。字が読める人は、本書によれば1000人に1人しかおらず、日本の寺子屋のように文字によって思想を教えるということに限界があったのである。

こうして中国近代演劇は成立するが、戦後内戦で共産党が勝利すると、こうした自由な演劇もすたれた。

中国演劇が花開いた、束の間の時間である。それを伝える貴重な本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示