サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2014/12/09 10:39

投稿元:ブクログ

エイズ村をテーマにした 丁庄の夢 の作者

障害者を超絶雑技団として登場させるなど 、初めは読みにくく物語の世界に入り込みにくかったが、次第に興味深く読み終えた。

作者はこの突飛で途方もない物語を通して、中国という国がどのような歴史をたどり今現在どのような状況に陥っているかを力強く描き出している。

豊かな生活笑の憧れは、お金が全て、上から下までお金のためなら手段は問わなくなった。

中国の人々が陥った無限地獄を描き出す。

2015/07/26 23:29

投稿元:ブクログ

中国から生まれた発禁?相当のマジックリアリズム小説。実際に発禁になったのか。前半は長さに挫折しそうになるが、後半は一気読み。障害者たちの村にもたらされた共産主義、政府の手が、その村にあった平和を破壊していく様が、中国のある側面を寓話的に暴いてみせる。障害者による絶技団、レーニンの遺体の購入による再建計画、完全人の嫉妬と模倣、一人の優れた美貌を持つ娘の妖艶さ、お金による人の変貌など、この小説の中にあまりにも多くのものが込められていて、これが正しく小説による一つの世界の構築。
作者のあとがきで、書くことは苦痛でしかないが書かずにいられない、という業が告白されているが、それもうなづけるくらい、作者の血が流れていることを感じる。

2015/07/19 09:02

投稿元:ブクログ

キツかった…。
面白かったけど、途中で吐いたほどキツかった。
身体的障害者とごく少数の完全人が補い助け合いながら暮らす受活村に紅軍の女性兵士が社会主義を持ち込んだことで起こる悲喜劇…なんだけど、描写が半端じゃなかった。
それでも途中で読むのをやめようとは思わなかったあたり、言葉では言い表せない魔力のようなものがあったんだと思う。
ある意味禁断の小説。

2015/01/21 20:15

投稿元:ブクログ

架空の中国の山奥にある村を中心に描かれるマジックリアリズム。あんまり飛躍が無いし、文化的にも日本と近いので外文苦手な方にも読みやすいと思う。沢山の登場人物がそれぞれの思惑をかかえ逞しく力強く生き抜いていく。激動の中国ゆえにとても辛い出来事が彼らの身の上にふりかかるけれど逞しく生き抜いていく。農耕民族の力強さ、女性も生き生きとしていて母系の流れもあり、大地の匂いがする小説であった。まさに物語を読む「受活」をたっぷり味わった。

2015/01/04 21:52

投稿元:ブクログ

何でもっと早く読まなかったんだ!と自分に説教したくなる。キノベス投票したかった。
しかし趣味悪いよね、おし、つんぼ、めくら、ちんば、書いたヤツも書いたヤツなら訳したヤツも訳したヤツやし、出した版元も命知らずというか…ってもちろんほめてますよ(念のため)。
久々にマジックリアリズムのど真ん中本線ズドン、ってのが来たなぁ。

2015/11/16 01:46

投稿元:ブクログ

中国奥地の受活村という身体障害者ばかりが暮らす村の障害者達が、村の観光名所を作るためにレーニンの遺体をロシアから買い取ろうとするのだが、その資金を稼ぐために絶技団というサーカス団を結成するという大長編。
おもしろい、、、障害者たちがそれぞれ個性豊かに書き込まれてるし、完全人(健常者のこと)からの容赦のない差別や、文化大革命、県に属するか属さないか、などの様々な要素が重層的にからみあった、やつ。二段組。

2014/10/03 14:15

投稿元:ブクログ

うだるような夏の暑い日、大雪が降り始める。レーニンの遺体を買い取って記念館を建設するため、村では超絶技巧の見世物団が結成される。笑いと涙の魔術的リアリズム巨編。カフカ賞受賞。

2015/02/03 22:15

投稿元:ブクログ

中国の話。障碍者を面白がるって日本ではあり得ないけど、エンタメにしているって、逞しい。
長かったー。でも、リアルなとんでも話は、登場人物の力強さに引っ張られ、サーカスのようにクルクル踊り周る。中国の生命力に圧倒され、なんか頑張らなきゃって、気になる。

2015/08/28 14:29

投稿元:ブクログ

国民性が分からないとこの本の本当の面白さは分からない。
行政によって国民の考え方も大分変ってくると言う事、人はながされやすいからなぁ、外人でも話せばわかるって本当かな?
善は善、悪は悪、この辺は万国共通だなぁと少し安心した。

2016/10/15 16:27

投稿元:ブクログ

真夏に大雪が降った年、障害者ばかりの僻村・受活村では、レーニンの遺体を購入して記念館を建設し、観光産業の目玉にするという計画が始動する。その資金を調達するため、村人たちの中から超絶技能を持った者が選抜され、旅の一座を結成する。飛ぶように走る片脚の青年、下半身不随の刺繍の名手、微かな音も聞き分けるめくらの少女…。激動の20世紀を背景に繰りひろげられる狂躁の日々。想像力と現実が混淆する魔術的物語。中国社会の矛盾を撃つ笑いと涙の大長篇。フランツ・カフカ賞受賞。

10 件中 1 件~ 10 件を表示