サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

遙かなる城沼

遙かなる城沼 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/01/10 12:54

投稿元:ブクログ

弟や妹に劣等感を抱いていた惣一郎が、徒目付の見習いを始めてから自らの努力でどんどん成長していくのが嬉しかったです。
物語そのものはちょっと物足りなく感じたけれど、穏やかな雰囲気が良く、館林に行ってみたくなりました。城沼の畔を歩いてみたい。
何気に梅ちゃんが好き。

2015/01/28 19:29

投稿元:ブクログ

いいですねえ。木曜時代劇でやって欲しいです。終盤ちょっと急ぎ過ぎたかと思われますが、続編も書いてもらいたいです。

2014/12/13 18:24

投稿元:ブクログ

館林の徒目付の倅に生まれた惣一郎は、秀才の弟、剣の才をもつ妹とともに、ふがいない兄としての思いとともに塾や道場に通っていた。
友の離反、父の病、筆頭家老の暗殺、館林から浜田への国替えを経て、成長していく下級武士の日常を切々と描いた力作。

2016/05/07 01:04

投稿元:ブクログ

L

雰囲気は葉室作品。
突出して語るべきところがない。惣一郎の成長記。学問に秀でた弟、剣を鍛錬する妹への劣等感に苛まれる平凡な兄。過去に藩政に関わる事件に関わり、それをひた隠す父。前を向く友人と母のプレッシャーに押しつぶされる友人。
…物語のどこが山だったんだろうか。
つまらないわけじゃない。話の続きが気になって読み進めるも、期待した内容はなく。期待が大きすぎて肩透かし的な。
ある若者の、心の持ちようを描いたのか。
現代にも通じるところだけど、そこを読ませたかったのなら、個人的な期待とは違ったのかも。

2014/11/24 14:18

投稿元:ブクログ

わかるわぁ、惣一郎の劣等感。自分はいなくてもいいんじゃないかと思って落ち込んじゃう気持ち。

でも大人になっていくにつれ少しずつ変化が・・・。自分に与えられたお役をこなし、たぶんその頃には昔の劣等感はあまり気にならなくなっていたのかな。でもいつまでも謙虚で控えめなところは変わらず。

道を外しかけていく幼なじみを案じ、家や家族を思い、何か役に立ちたいと思うところもよかった。

男の子は外の世界を知ったり、働き始めたりすると急に頼もしくなるね。

2016/02/07 21:20

投稿元:ブクログ

友情がテーマの話。こういう雰囲気は葉室氏と似ているけれど、安住さんの方が柔らかい気がします。お家騒動、派閥争いはあるけれど突き詰めないところに救いがあって、ほっとします。
惣一郎は出来が良い秀才の弟とお転婆な妹を持ち、自分に自信がなかったのですが、慎重で思いやりがあり、理解ある家族に支えられ自分の道を歩んでいきます。対照的に幼馴染の寿太郎は母の期待に押しつぶされ、己を見失ってしまいます。惣一郎は寿太郎を救えるのか…。
 心弱く、少しずつ堕ちていく寿太郎のことをどうしようもないと思いつつ、憎めないなぁ。

2014/12/24 13:49

投稿元:ブクログ

地方の藩での青春、友情、成長、そして家族の絆を大切に、爽やかに、描かれている、とても良い作品です。
どなたにもお勧めします。

2016/04/20 09:39

投稿元:ブクログ

頭の良い弟、剣術の才がある妹、何をやってもそこそこな兄。・・・でも、実父の過去にあった出来事の真相を知ってからは、たくましくなった。
やるじゃん、惣一郎!と言いたい。
最後、尻すぼみな感じがして、残念。

8 件中 1 件~ 8 件を表示