サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

国際関係の政治地理学 現代の地政学

国際関係の政治地理学 現代の地政学 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/10/28 00:35

投稿元:ブクログ

一般概念として国際関係とは、これを研究する分野の国際関係論では政府、非政府レベル全体の国家間相互作用であると規定されている。国際関係の展開は人文地理学が研究対象とする人口流動や人口構造、経済活動の立地条件など諸局面に関して、国際的条件としての作用をより多様化するとともに、研究支店でもいっそうの深化を求めることになった。

EUの拡大は、どこまでがヨーロッパか?の地理的範囲を問いかけている。これは古くて新しい問題であるが、EUではヨーロッパに位置する国家であるとしているものの明確な基準はない。

地政学はナチス体制に組み入れられ、ファシスト地政学と批判された。これは地政学の宿命である。地政学は応用政治地理学とも言われるように、国家の形成、存立とその国益に関わる外交政策の地理学的局面の研究にあることによる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示